FC2ブログ

お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

頑固な二人

2006年08月19日 02:31

  剣君、とてもおもしろいです。
実は、今まで関心がなかったのですが、正月番組で気になるようになり、それから【争王記】などで面白さに気づき気に入りました。
【霹靂争王記】で病剣叟が出した難関を突破して、無事に気に入りの神剣をゲットしましたが、剣の名前を聞けども病剣叟が教えません。
 病剣叟が、君子風を誰から教わったのか先に答えろと言って譲らないのです。こんな場合、若輩者である剣君がすんなり年配者に譲りとっとと誰から教わったのか言えばいいのに、もしくは病剣叟も年配者の余裕で、とっとと答えればいいのに、あろうことかこの二人、

剣君「 神剣を手に入れても名前が解らないとは、悔しい。
   先輩、名前を教えて下さい。」
病剣叟「 君子風を誰に教わったんじゃ?」
剣君「 神剣の名前を教えて下さいよ。」
病剣叟「 だから、君子風を誰に教わったんじゃ?」
剣君「 私が先に質問したのだから、先に教えて下さい。」
病剣叟「 誰に教わったか先に教えなければ言わない。」
剣君「 先輩ッ。」(と言って病剣叟を軽くこずく)
病剣叟「 小僧ッ。」(といって、思い切りこずきかえす)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



半花容の死に様(【霹靂争王記】第1集)

2006年07月13日 00:40

 さて、心優しい台湾の娘さんから【霹靂争王記】のVCDが届きました。
 今日はいつになく7時という早い時間に目が醒めたので、8時半に郵便局まで取りに行きました。

 で、気になっていた<イ月>雲VS半花容の対決を見たのですが、
半花容の死にざまがこれまた哀れの極みで、泣けました。
 今までの恋愛関係図と背景をかいつまんで説明すると、

半花容 ⇒片思い⇒ 瀟瀟 ⇒片思い⇒自在天女 ⇔相愛⇔金小開
    ←相手にしていない ← 良き友人
 
 で、自在天女が死んで生きる意味を失った瀟瀟は、雨風飄揺を崩して自在天女に殉じる。
[ 続きを読む ]

不二刀 その2

2006年07月05日 12:26

  不二刀は、本来気性が善良で、人に対して恨む、憎むという気持ちを持っていない。推測するに良い両親の元で愛しまれて幼少の頃を過ごしたと察せられる。というのも、不二刀が【争王記】で両親を亡くし近所のガキども(?)に苛められる夢を見るが、その時刀無雙に苛めた子供が憎くないのかと尋ねられ、憎むとはなにかと問い返している。
 これはかなり凄い性質ではないか・・・・・と私は思っている。ある意味、凄い純粋さではないだろうか?
 人の心には善と悪があり、交じり合いながらバランスをとり、ぎりぎりのラインで悪を自分の器から溢れ出さない様にしているものだと思うが、不二刀の場合、善と悪の比重を見ると、圧倒的に善の割合が多いと思う。実に江湖には向かないタイプではないか。

  不二刀の本質というのは、金庸の【侠客行】の野良犬の純粋さに通じるものがあると思う。
 不二刀の本質は”善良”であり”純粋さ”である。にも関わらず、彼は”邪気”を身に受けることによって、本質を隠されてしまう。それによって、南武林では、不二刀の刀術は神の領域に入ると言われ尊敬される一方で、冷酷で残忍という評判の方が勝っていた。

[ 続きを読む ]

不二刀 その1

2006年07月04日 12:24

 不二刀は、最近のキャラにしては、幼少期、少年期、そして刀邪伝説の頃と、断片的にではあるが人生の転換期が描かれている貴重なキャラクタ-に思える。幼少期はともかく、実際の年齢は数百歳だろうから、見た目で(外見で)勝手に言っているだけなのだが。という事で、簡
単に彼の履歴を書いてみた。

1. 幼少期(私の勝手な推定年齢10歳頃?)
  1) 原因不明だが、既に両親を亡くしている。
    それが理由で、近所(?)のガキどもにててなし子などと言われては
   かなり苛められ、ボコボコに殴られている。
  2) すっかり世を儚んでいたところを義父であり師父である上古刀王星
   刀無雙に出会い拾われる。

2. 少年期(私の勝手な推定年齢17歳頃?)
  1) 上古刀王星の元で刀術、武功の修練に日々励む。
   一方で、上古刀王星とは深い信頼と愛情により、本当の親同然の間
柄となる。
    ある日、不二刀は見知らぬ者から挑戦状を受けて戦い、勝ちを得て
相手を殺すに至るが、実はその覆面の男とは義父刀無雙であった。
   不二刀が刀無雙の後を引継ぎ刀王星となるには、彼には邪気が足り
ない。そこで刀無雙は一計を案じて、不二刀に自分を殺させること
により邪気を得させ、刀術を高めようとした。
   そして、義父の目論見どおりとなる。
  2) 上古刀王星である義父刀無雙は己に代わって七星之主を倒すよう
にと遺言を残して果てる。
  3) 不二刀、結果的に親殺しをすることになる。

[ 続きを読む ]

病剣叟

2006年07月03日 12:19

 剣君十二恨が新たな剣を求めて剣塚に訪れたところ、一人修行をしている病剣叟に出会い、ひょんなことで剣君に剣技を教えることになる。
 病剣叟は傲神州と同じく、己の剣技に対して絶対的な自信を持っているが、性格はひょうきんで陽気、大雑把。そして面倒見のいいところもある。
 少々頑固なところもあり、剣君とつまらないことで意地の張り合いをし、しばしばもめたりする。年寄り扱いをされるのは大嫌いだが、かといって目上を尊重しないのも気に食わない。剣技の実力は、傲神州と互角。
とまあ傲神州と似たような性格なため傲神州と意気投合し、神剣争奪戦後は江湖を二人で遊覧していたり。

  神剣にひどく執着しており、過去に窮八極から神剣を奪うために戦った。当時窮八極は一人息子を神剣によって蘇らせようと思っていた為、病剣叟に深手を負わされても尚戦いを放棄せず、その死に物狂いの様相に圧倒されてしまった病剣叟は、勝てる試合を放棄し、神剣を手に入れる事ができなかった。

[ 続きを読む ]