FC2ブログ

お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

春がいっぱい

2007年03月30日 20:46

 今日は晴れのち雨ということだったが、幸い夕方に雨が降ると予報が申しておるし、来週週末は主が神奈川出張で潰されるので、根性で近所の公園に行くこととあいなった。
 その公園は山が丸ごと公園という按配ではあるのだが、市大付属公園ということで、どうやら研究用に世界中の樹木や花を集めて育てているらしい。意外な景色があるかもしれない、などと主はちょっと浮かれていたが、とにもかくにも今回の目当ては桜。それに主は根性ださないと行けないくらいに内功少なくなっている様子。集中力が切れて、前回の誰かさんのような目にはあいたくないので、そこのところは重々に配慮して頂きたい。

 ということで公園到着。遠目にも桜が天を覆うように咲いている風情が、主を高揚させるには十分であった。
開園時間30分前に到着したのだが、公園の管理人の方は入れてくださった。

 早速桜に向かったのだが、山が公園というだけあって木が良く育っており、私とのバランスがとれないと主早くも若干立腹。しかし来てばかりで何があるか解らないのだから、とりあえずさくら山を一周することとなった。
 山は起伏があり、ちょっと谷間になっているところに桃が咲いていた。この桃の背丈が私に丁度いいので喜んでしまった主は、早速撮影に入った。朝露がまだ乾ききらない地面に私を座らせる。主は自分が気にしないから私も気にしないと思っている様子。確かに私は逍遙とした身ではあったが、ちょびっと冷たい。冷えるではないか。
 070331shiritsu-shudao-x4.jpg
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



見てなくても気になる人(蕭中剣)

2007年03月25日 23:27

 思えばそんなに惚れやすいタイプではない、と思っていた。
どうしても、なにがなんでも木偶が欲しい、と言うほど好きになる人、という意味でだ。
 最後に燃えたのは蜀道行で、それ以降は私の琴線に触れる人が登場することなくちょっと退屈していた。暫くして一歩蓮華、襲滅天来ときて、合間に宵によろめいた【刀乾戡魔録Ⅱ】から【謎城】までの間。蜀道行以来の執着で燃えた3シリ-ズ。
もうじき【謎城】を見終え、さりとて続きが直ぐに見れるというわけでなく、なんとなく気持ちが落ち着いてきていたのだが、偶然見た蕭中剣のMTVを見て、再びぐらぐらきている。
 自分の琴線に触れる人が登場しないときは全くと行っていいほどあたりがないくせに、いるとなったらこうも重なるのはなぜなの。

[ 続きを読む ]

人を信じるということは、熾烈な戦い(宵【謎城】)

2007年03月24日 17:47

 宵が極寒の地で坊主と語らう【謎城】20集あたり。
宵の出会いって・・・人間⇒人間⇒坊主⇒魔人⇒坊主⇒坊主で、ここんところ坊主続きだ。
坊主のわかったような解らん話にも、
「ぼく、わかんない」
と正直に言う彼に激しく同意。坊主の話、魔人の話は抽象的で小難しい。
もっと簡潔に話をしたらどうよ?
と常々思う私の心にジャストフィットだ(笑)。

 宵が俗世を離れて密かに生活しようとたくらんでも、彼はまだまだ人気があって活躍しなくちゃならないし、なにより造化之鑰と同化しちゃったからそれを狙う人達もいたりで何かと騒がしい生活が続く。
[ 続きを読む ]

人生はロシアンル-レット

2007年03月23日 17:09

 結局のところ【謎城】が気になって襲滅&蓮華の事柄をざっくり復習していたDVD鑑賞。どうも37集くらいまで見終わっていたらしい(笑)。どこまで見ていたか、すっかり忘れているなんて。

 素還眞化身の水色、赤、黒の三方。
謎城も30集くらいになると無口だった赤、黒もぽつぽつしゃべり初めて個性がでてきたなぁと思うのでありますが、赤い人は短気な性格ですね。黒い人は冷静沈着で、私の好みであります。
 実のところ、三人の中で一番誰が好きかと尋ねられれば水色の人のひょうきんさが好きなのですが、素還眞化身となればひょうきんな人=臥雲先生。それに臥雲先生は本音ト-クしまくりで、それはまるで普段の素還眞の鬱屈した本音のようで、これまた面白かった。
なのでひょうきんなキャラだと臥雲先生以外、他なしというくらいに臥雲先生贔屓です。
[ 続きを読む ]

せぼねくんはどこに?

2007年03月22日 12:45

 せぼねくんの大きいタイプ、どこにも売っていません。
江坂の東急ハンズにもおいてないし、近所の日曜大工の店にも置いてない。ネットで捜しても小さいタイプもしくはせぼねくん虫眼鏡などという商品がヒットするばかり・・・・
 いぃぃぃぃぃ~って感じです。
 あぁいう商品って、便利グッズで調べたらいいのかしら?

蜀道行外拍

2007年03月21日 17:50

 週末雨が降る、と天気予報が言うので、本日気力を振り絞って外拍してきました。月2回くらいはいかないと焦る私ってどうなの?

 というわけで蜀道行を連れて行きました。いいかげんちゃんと付き合い始めんといかんわな、と反省したのですが・・・・・ぁ
 蜀道行は遠かった。過去に2回ほど外に連れて行きましたが、じっくり腰をすえたのは今回が初めてです。
彼と私の間には黄河よりも深く長い河が流れとるとです。
070321wanbo-shudaoxing-x1.jpg

[ 続きを読む ]

襲滅の半日

2007年03月17日 21:26

 さくらんぼの花が咲いているかと期待しましたが、もう散っちゃって枯れちゃって撮れません。しかたないので、椿のところに行きました。
 椿の花の花粉目当ての鳥でにぎわっていた椿地帯。鳥vs鳥。蕾が沢山ついた木もありましたが、ほぼほぼ花も終わりにきている感じ。
ここで暫く写真を撮った後、場所移動。偶然気の早い桜の花を発見。

 桜の花と一緒に撮影していると、風がどんどん強くなってきました。
髪の毛、びゅんびゅん流れます。
070317banpaku-ximie-x1.jpg

[ 続きを読む ]

妹思いの兄(泊寒波)

2007年03月11日 23:20

 慕少艾がたった2集の間でお亡くなりになられたり、螣邪郎があっさり殺されたりしているのを見て、こんなに早かったっけと思う中、西風ちゃんを思う兄泊寒波の姿がほのぼのとして寛ぎます。


 なんとしても西風ちゃんを羽人と結婚させて女の花道を歩かせたい兄泊寒波。しかし西風ちゃんは兄に対して態度が冷たい。羽人が死んだのは兄たちのせいだと思っているからだ。
 可愛い妹に邪険にされて寂しくもある兄だが、
「 人は失ってみて大切なことに気づくもの。これは期待できる!」
と一人心の中で喜ぶ兄はほくほく顔。
どうやらまだ羽人と西風ちゃんの結婚を諦めていなかったらしい。
[ 続きを読む ]

【刀乾戡魔録Ⅱ】第14集までの感想

2007年03月10日 00:12

 【謎城】が本日届きました。続きが見たくなって気持ちがそぞろな状態で【刀乾戡魔録Ⅱ】を見ている私です。
これを見終えなくちゃ【謎城】の続きがみれん。一度見てるんだから、もういいじゃんって思わなくもないんだけど、続けてみなくちゃ気がすまない自分の性格が恨めしい(笑)。

 さてざっくり今までの感想。

 死んだ彼女を生き返らせることを断念した燕歸人。西風と一緒に行動をしているんだけど、これを見ながら、
「あぁ・・二人の歩みは、ここから始まるんだなぁ」
と感慨深い。
[ 続きを読む ]