FC2ブログ

お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

外拍記念にフォトブック作成

2007年06月28日 18:00

 外拍初めて数年になる。真剣に始めたのが2005年くらい。でも2005年の時は、毎週週末に行くほどではなかった。
そんな私も今ではほぼほぼ毎週外拍しに公園に出没している。溜まる写真は天空にて公開しているが、その中でも気に入った写真をアルバムというか本にしようという気になった。

フォトブック:http://www1.photoback.jp/home.aspx?gate=1&

 本といっても大層なものではなく、CDケ-スサイズでアルバムに納められている冊子のようなつくり。作品仕様は12X12cmで写真はジャケット1、本編32の計33枚。
値段は1~5冊までが1890円/冊、6冊~が1,680円/冊で、気前よく冊数を刷れる金額ではない。ケド、まぁ、へたはへたなりにがんばりましたで賞みたいなもので、これを励みにまたがんばろうかなぁ、と。6月29日(金)に発送予定なので、届くのが楽しみです。
皆さんも、一冊記念に如何ですか?   
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



義兄弟の決別

2007年06月27日 18:38

 蕭中剣、やっと下界に下りてきたと思えば、大きい兄さんは六禍蒼龍に殺されてるし、小さい弟は魔界に所属しちゃうしで、苦悩中。
 他人から三弟である月漩渦が魔界に属したと聞き、早速当人に会いに行く。
「 仇を討つには襲滅天来のところが一番いいし」
「 だからといってなぜ魔界なんかに所属するのだ?」
「 言ってなかったけど父が魔界の鬼族のもので、半分魔界の血が混じっている。魔人が故郷に戻ったまでのこと」
「 し、しかしもう半分は人間の血だろう?半身が君の身を案じるものさえ捨て去るのか?」
「 話は以上で終わり。帰れ」

どこまでいっても平行線。
[ 続きを読む ]

【皇龍記】 第34集まで

2007年06月25日 18:25

 シリ-ズ当初から現在見た第34集までの各派閥の動きは、

●シリ-ズ前半

 ①中  原: 異度魔界と六禍蒼龍におされ気味。
 ②六禍蒼龍: 己の企みが順調に進み、中原を手中に収めるまで
       あとわずかとほくそえむ。
       気が緩んだからか若い愛人にご満悦だが、正妻の恨みを買う。
       こちらも霊玉一つゲット済み。
 ③異度魔界: こちょこちょと地味な企画を展開中。
       霊玉は既に一個ゲット済みで、中原と六禍龍皇が戦い
       どちらか勝った方と勝負すればいいと思っている。
[ 続きを読む ]

蓮華と襲滅スイッチ、オン

2007年06月24日 12:48

 【皇龍記】第34集まで見終えた私は、これからの展開が気になるところだが、そういえばそろそろ襲滅ファイナルもあるんだなぁ~と思い始めています。
某坊主が何某と一緒になって襲滅殺害を企んだとか。うぅ~ん、なんであの二人が共謀することになったのかのぅ。
 それはさておき、ここんところの襲滅さんはぱっとした活躍がないので、なんかこじんまりしてて寂しい。気に入らない人にねちねち嫌味を言いにいったり、豪快にどっか~んと戦ったりしないなぁ~。襲滅企画の陰謀も、ぱっとしないしなぁ。益々、寂しいなぁ。と、だんだん見ているこちらは意気消沈。

といいながらも、
蓮華ってどんな子供だったんだろう?
から始まって、蓮華の半生ってどんな感じなのかなぁと想像しています。
[ 続きを読む ]

蓮華と襲滅で外拍

2007年06月23日 21:44

 梅雨だというのにこの晴れ具合。梅雨ですよね?
ってなことを書くのもこれで三度目です。なんか最近ネット接続がぶちぶち良く切れるので、プレビュ-にする度に白紙状態にされること二度。今、三度目。きぃぃぃぃ~っ!

 ということで、万博に行きました。先週蓮華で気を良くした私は今度は蓮華と襲滅で撮ろうと思ったのです。開演前に到着。あじさいの咲く場所へ行く人は、私以外に一組だけ。これは人気のないところで撮影三昧だと喜んだ、喜んだ。でも、それは幻でした。公園の入り口は、一箇所だけじゃ、ねぇ~んだよな(笑)。あじさいが咲いている方向にも入り口、あったとです。
写真撮影隊の皆さんが、既にポジションどりしたり徘徊したりしてました。でも、せっかく意気込んで来たのだから臆することなくがんばるのだと言い聞かせ、撮った。

 秘密の花園っぽくしようとして失敗。
070623banpaku-uobuximie-x1.jpg
[ 続きを読む ]

聲明(蓮華)

2007年06月18日 18:44

転生を待つ命は、花の姿で時が満ちるのを待っている。
七色の花びらは薄暗い闇の中に幾筋か差し込む光に照らされて、
淡く命の輝きを放つ。
ひとつの輝きは灯となって、もうひとつを照らす。
照らされたもうひとつは、そばの花を照らす。
照らされて生まれた灯の光は、徐々に広がって周囲を輝きで満たす。
そしてひっそりと聲明を奏で、やがて語る。
活きることの喜びを。生まれ出ずる喜びを。

0716banpaku-lianhua-x6.jpg

蓮華と襲滅

2007年06月17日 20:57

 蓮華が自分の中の悪を体外に放出したのが襲滅で、二人を個別にして見ている人が大半だと思う。だけど、私の中では二人で一人と決まっている。例え蓮華が完璧に悪を切り離した、と言い張ったとしても、人間そんなに簡単にきっちり心を分けることは不可能だ、と私は思う。
最初に蓮華と襲滅の設定を知った時、
なんて無駄な設定を霹靂はするのだろう、と思ったし、
善悪が同時に存在しない人間なんて、もはや人間じゃ、ねぇ~、
とも思った。人間として既におかしい。
 自分の中の悪を完全に切り離したとするなら、なぜ蓮華は襲滅を恨むのか。世のため人の為、殺された仲間の仇、色々と思うところはあるにしろ、自分の中に「悪」がなければ、殺意そのものさえ存在しないんじゃないのか。
[ 続きを読む ]

ばか入りました(蓮華外拍)

2007年06月16日 21:05

 ここんところずっと外拍の更新しかネタがありませんが、実は【皇龍記】は第30集まで見ていて、つらつら思うところもあるのですが、文章書く気力なく、結局外拍で終わってるこの頃。
皆さん、お元気ですか?
そろそろシリ-ズの感想など書きたいところです。

 さて本日平安神宮の神苑に行ってきました。ゲリラ的に外拍を目論んだのです。しかし、わたくし、プレッシャ-に負けてしまいました。本殿の参拝者に比べたら神苑へ来る人は少ないのですが、なんていうんですか場の圧力っての?やってやれないことはないけど、根性がない(笑)。しおしおと退散したのですが、これでは気持ちが収まらない。なので、万博に直行した次第。万博に到着して、しみじみ思いました。
万博は、俺のホ-ムグランドだよ(笑)!
[ 続きを読む ]

蕭中剣外拍

2007年06月02日 21:38

 先日天空の留言板に、こんなメッセ-ジがあった。
「 20日、台南の乙宏精品店に行かなかった?私が行った時に、日本人が二人来てて蕭中剣を真剣に見てたんだけど、今アルバム見たら21日烏来で外拍してるし蕭中剣の写真があるから、ひょっとしたらと思って。もし、これが本当だったら、すっごい偶然ね!」
 ビンゴ~ッ!ホント、すんげぇ~偶然です(爆笑)。
彼女は台北に住んでいるが、たまたまイベントで台南に来ていた。私は日本から。そんな二人が知らずに台南の店で同じ時間にいるとはね。いやぁ~、世間って、さり気に狭い時って、あるね(笑)。

 さて、前置きが長くなりましたが、本日行ってきました。
本当は夜にホタルを見るつもりでいたのですが、なぜだか張り切って朝一番で行ったら、ホタルどころではなくなっておりました。ぐっすん。ホタル、見たかった。
070602banp-xiaozj1-x.jpg
[ 続きを読む ]