FC2ブログ

お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

脳内カレンダ-

2007年09月26日 14:19

 アマツさんがやってたのが面白かったので、早速まねしてやってみた。

■傲笑紅塵のカレンダ-
aoxiao-nou.png

 家庭に重きを置いているところが、話の内容に重なって妙にリアル。
 生活臭がほんのり漂うところが、らしいといえばらしい。

■不二刀のカレンダ-
buerdao-nou.png

 昨年のアメリカデビュ-で話題となったラッパ-な英語。
 反省してレベルアップを図っているのだろうか?
 Hはヘンなとこだけアメリカナイズされてるみたいで、嫌な感じ(笑)。

■蜀道行のカレンダ-
shudaoxing-nou.png

 らしすぎて面白みに欠ける。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



蕭中剣の存在感

2007年09月22日 00:48

 とりあえず【皇龍記】を最後まで見終えました。
 色々と言いたい事は山のようにあるのですが、【皇龍記】を見終わったもんだから、次のシリ-ズに気がいきはじめた今日。霹靂の公式サイトの各シリ-ズのポスタ-というか写真を見て思いました。

蕭中剣・・・・・いねぇ~じゃん。
呑佛なんて、最新作ど真ん中にどでかく収まってるのにサぁ。

 襲滅のことで傷も癒えきれない今、蕭中剣が楽しみなのにやつは何をやっとるのだ。とりあえずまだ死んではおらんような感じだけど、どうなんだろう。
思えば【九皇座】で手形を残してから沈黙すること8シリ-ズ。あの時は姿さえ見せなかったケド。
さすがに沈黙8シリ-ズはないだろうし(と書いてて、そいや傲笑紅塵はどないなってんねん!と気付いた)、他のキャラクタ-とのからみもあるだろうから、色々と動くんだろうが。
襲滅みたいにちんけな終わり方されたら、私は益々救われねぇよ。

傷心で外拍(襲滅)

2007年09月20日 22:08

 【皇龍記】第50集で襲滅の最後を見届けてからというもの、虚脱状態のワタシです。
あの最後のシ-ンを見たとき、
怨霊を説得する霊能者みてぇ~だ・・・・
と思ったワタシです。解せない・・・・。釈然としない・・・・。
このもやもやを慰めるために、拙宅の襲滅を連れて行きました外拍。
 実は先週外拍に行ったのですが、スタンドを持っていくのを忘れてしまって撮れなかったので、再度挑戦ということもあり。

女郎花
女郎花 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

【皇龍記】第44集までの感想

2007年09月15日 23:28

 風飛沙が毒にやられて重態。治療には越霧樹海に住む金冠玉鳥が必要。ということで、三口剣は一人越霧樹海に赴き主の月姫に出会う。
 月姫は顔を見せないので容姿がわからないのだが、彼女は金冠玉鳥を渡さないばかりか戦う風情なので、こっそり短剣を手にした三口剣。
ところが、月姫がくるりと振り返った彼女の顔を見て、ぼとりと短剣を落してむせ込む三口剣。
すっかり彼は戦意喪失。

ってか、お前、彼女がブスだったら、戦ってたのか?
戦ってたのか?
戦ってたのか?

 ちなみにこの月姫、魔界を註するために命がけで戦っている一頁書に弓引いた女。彼女の目的が、現在わかりません。
[ 続きを読む ]

【皇龍記】第39集までの感想

2007年09月14日 20:23

 45集まで見たと思っていた。ところが46集みると、全然ピンとこない。もう一度45集を見て、こりゃ違うと思い確認したら、35集まで見ていたことが解った。そりゃ、解らんわ。
で、36集から39集まで見ました。

 今まで裏舞台でごにょごにょやってた襲滅が、表舞台に登場して中原を荒らしまくってます。神仙界制覇まで、あと一歩のところを一頁書に邪魔されてましたが、これは蓮華の企みとのこと。
死んだはずの蓮華が、なぜじゃまできるの?
 どうも蓮華が襲滅との戦いに挑む前、一頁書との間で、襲滅が神仙界を襲撃した場合はこれで反撃、という具合に来る将来について算段してたらしい。ということは、既にこのことは一頁書と蓮華には織り込み済みで、予想の範疇内ということだ。
「聖尊者の犠牲によってついに願いが叶えられ、魔を註する聖器が得られた。」
とほくほく顔の一頁書。
ということで、中原の皆さんに余裕が感じられる39集。
[ 続きを読む ]

【慈雨】 第一章 再会

2007年09月10日 01:09

「 玄苦から聞いているかと思うが、今日から執戒殿で修行をしてもらうことになった。とはいえ、今日きて早々修行というわけにもいかんだろうから、今日一日は執戒殿をゆっくり見学するのがよろしかろう。」
トントン、と扉を叩く音がした。玄楽が入りなさいというと、先日玄苦のところへ来た少年が入ってきた。
「 善法。忙しいところすまないが、今日からここで修行をする蓮華に執戒殿を案内してくれんか」
「 かしこまりました。」
と善法は無表情に答える。
「 では、わしはここまでじゃ。しっかり修行に励めよ」
と玄苦が蓮華に別れを告げる。そう言われて急に心細くなった蓮華であったが、持ち前の好奇心の方が勝っているようで、知らない世界の扉を開けることのほうに気持ちが揺れていた。
「 はい。師匠、お達者で。」
うん、うん、と玄苦は頷いて答えた。蓮華は深々とお辞儀をすると、善法とともに扉の外へ消えた。
ぱたん。
扉が閉まる音が、部屋にゆっくりと響いた。
[ 続きを読む ]

球体間接の体

2007年09月01日 23:52

 先ほど帝壱のサイトに行き驚きました。木偶の体、とうとう球体間接の体になっちゃったんだ、と。

帝壱の球体間接体の写真は、こちらにて↓
http://album.blog.yam.com/dii2354633&folder=3228039


 顔がどんどんSDド-ルというか、ああいう系統の顔になる一方なかんじだし、小雨も球体間接などの応用で体に自由がつくにつけ、体もあんなになるのかなぁ・・・などと漠然と思っていましたが、こんなに早く実現するとは思いもよらず。ビックリです。
 女の子座りしてますが、実に自然に座ってる。腰に手をあててポ-ズとる姿も自然。しかも、楽にポ-ズを取れてるっぽいところに魅力を感じる。しかも、自立してますよね?
[ 続きを読む ]