FC2ブログ

お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

どうするんだろう素還眞(【霹靂神州Ⅰ】第17集)

2008年12月23日 07:30

 意識不明の素還眞。
 河童の童童に会った後、今度は葉少釵とご対面。
といっても、葉少釵もまた精神体。呪術によって葉少釵@ホワイトの精神が閉じ込められている洞窟を偶然発見したわけだ。
 これを見た素還眞。
 ”はぁ!?”
といつもの鼻にややかかった声で己の動揺を顕にすると、早速助けようとする。
 呪術を破るために、洞窟へ一発かましてみたのだが、呪術が強烈ではじき返される。
 それを見た素還眞は、
「む!これは襲滅天来が佛教系の技で閉じ込めたのだな(実際は細かい説明をしているが、めんどくさいので略)。佛教系の技で破壊すればよいな。では、これでどうだ!」
と"大梵聖掌"をかますが、これもはじきかえされて己に跳ね返ってくる始末。

己の放った技で己を打ちのめした素還眞だが、一つとても気になることがある。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



仏の顔も・・・・その2

2008年12月21日 18:08

DSC_8961-6.jpg


[ 続きを読む ]

仏の顔も・・・・・その1

2008年12月20日 17:54

DSC_8937-1.jpg


[ 続きを読む ]

心無い素還眞が河童の童童と話をすると(【神州Ⅰ】第13集)

2008年12月13日 23:48

 皆さん、河童の童童を覚えてますか?
 ぽっと出のくせに後を引くような感じで正体がはっきりしていませんでしたが、徐々にヤツの正体があらわになりつつあるこのごろです。
 この河童、ちんちくりんで可愛くない外見のくせに、仕草は幼い子供のようで愛嬌を振りまくのだが、可愛い子ぶりっこ-という感じで、全く可愛いとは微塵も感じられません。

 さて、この河童に素還眞が出会っていました。
 魔人化した葉少釵と戦った素還眞は、重症を負って意識不明。
 その意識不明の最中、彼がなにをどうしているのかと言えば、意識が混濁した中で、幻覚を見ているのだが、それを二三度繰り返した彼は、と-と-理性を取り戻して、
「はて、これはどうしたことか。意識が混沌としているのだろうか。」
などと淡々と現状把握に勤めていると、海の中からあの河童が登場してきたわけです。
 いつものように、「童童~」とか言いながら、愛嬌を振りまいての登場ですが、やはり可愛くない。
そんな視聴者(というより私?)の心の内を代弁するかのように、素還眞の童童を見た一発目の感想は
「 すごくへん。」
以下、彼と童童の会話。
[ 続きを読む ]

独断と偏見で各シリ-ズ評 その二

2008年12月12日 20:31

◎ランク  別格:思い入れが強いなどの理由で、ランク付けできない。
       ★★★★★:素晴らしい
       ★★★★  :とても面白い
       ★★★   :面白い
       ★★     :悪くない
       ★      :好みじゃない


■ 【闇城血印】 ★★
 吸血鬼登場。
 もう、こういうことはナシにして頂きたい。
 十二剣君の最後が印象的。

■ 【末世録】 ★★
 とはいえ、エンディングを最初に見ていたので、かなり期待しておったのだ。
 吸血鬼がどんなに追い詰めてくるのだろうか、と。
 が、思った以上に末世という感じになれなくて、かなり裏切られた気分で終わる。
 蜀道行の最後が印象的。
[ 続きを読む ]

朱武と朱聞(【霹靂神州Ⅰ】)

2008年12月11日 23:50

 と-と-我慢できずに【神州Ⅰ】を見始めました。
 早速でました、本体が。
 朱武は威風堂々としていて、別人みたいだなと感じたのが第一印象でした。

■ 朱聞について

・ 書生気質の優柔不断さ。
・ 金持ちのぼんみたく、ちゃらちゃら歌舞いて世間の目をごまかし自由を満喫。
・ なんだかんだ言ってみても、基本妹に優しい。
・ だから、妹は朱聞が大好き。
・ 優柔不断さで己の首を絞めている。
・ だから九禍に、嫌われる。
・ 本音担当。 
・ 多情剣客。
[ 続きを読む ]

独断と偏見で各シリ-ズ評 その一

2008年12月10日 20:31

 簡単に一口コメントみたいな感じで感想を。でも、長くなる可能性、大。

◎ランク  別格:思い入れが強いなどの理由で、ランク付けできない。
       ★★★★★:素晴らしい
       ★★★★  :とても面白い
       ★★★   :面白い
       ★★     :悪くない
       ★      :好みじゃない


■ 【血路江湖】 ★★★★
  個人的には、正邪の戦いということよりも、素還眞を考えることに注目したい。
  素還眞化身雁雲の出現は、素還眞という人間を考える上で、とても重要なファクタ-になると私は思うのだが、どうだろう。
  この雁雲先生によって、私の素還眞評価が変わる(笑)。
  雁雲先生以降、たくさんの素還眞化身が生み出されてきたが、雁雲先生を超える化身は出現していないと思う。 
 
■ 【風起雲湧 Ⅰ】 ★★★
 父司馬剣秋と息子認吾師の話がなかなかよかった。
 「天下第一」が徐々に手を詰めてくる。それに抗う雁雲先生の若干投げやり堪忍袋の緒が切れるまでが見もの。
雁雲先生が消えてしまって、正直がっかり度はかなりきた。 
[ 続きを読む ]

What's the Justice?

2008年12月03日 07:30

 お題は特につけてないのですが、曲の題名が【What's the Justice?】だったので、そのまま使用。
 ちょっとすっきり。

 
[ 続きを読む ]