FC2ブログ

お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

ファイナルだった-っ(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第15集)

2009年01月31日 07:30

 第14集で崖っぷちをよじのぼっていた清風坊ちゃんだったが、もうすぐで崖を登りきるというところで、ころんと転がり落ちていた。た-っと落ちていく清風坊ちゃんを見た任剣誰はさっと清風坊ちゃんを掴み、崖の上へと担ぎあげた。
そして一言呟く。
「 ったく、めんどくせぇ」
師匠、ご苦労様です(笑)。しかし、師匠のやり方もハ-ドすぎるんだから仕方ありません。今まで武芸を全くせずに優雅に読書して暮らしていた書生もどきの人間に、よくあんだけ肉体的にハ-ドな修行をさせ、また清風坊ちゃんがよくまぁ死なないよな、というくらいに厳しいのですから。
とはいえ、清風坊ちゃんは今後の期待の星なのだから、簡単には死なないのだろうが。
清風坊ちゃん、がんばですっ!
あなたが、がんばらないと任剣誰の話が一向に進みませんっ!

 さて、15集となれば、例のあの人がどうなったか、がポイントです。
 あの人とは、そう、我が釋雲生です。
 あれだけ死亡フラッグがだかだか立っているのだからと、覚悟をしていました。
 そして、15集冒頭からいきなり我が釋雲生は玄獏と戦うのでありました。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



と-と-ファイナルアンサ-?(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第14集まで)

2009年01月30日 07:30

 任剣誰の教育はきっびしぃ~もので、それを見ていた佐木さんが心配するほどだ。
 アノ岩を担いでスクワットさせられていてふらふらになっていた清風ぼっちゃんだが、こんどは崖っぷちから突き落とされ、手に持った藤蔓を伝って自力でよじ登って来いと言われている。
「 その手の握力は、剣を持つ握力と同じである。手を離せば死があるのみ。剣もまたしかり。」
あぁ、厳しい師匠だわ。
 だが清風ぼっちゃんもがっつだけは人並みはずれてもっているので、今、必死で崖っぷちを登ってます。ってか、登るしかねぇよな。
がんばれ、清風坊ちゃん!

 ところで華顔ねいさんは、三度目の戦いを佐木さんと行った。
 が、今回も華顔ねいさんの勝ち。現在、佐木さんは崖から落ちて死亡したことになっているが、ここまでしぶとい佐木さんが、こんなに簡単に死んでたまるかっ、というところなので、全然死んだなんて信じていません。
 といったところで、我が釋雲生は・・・・・・・
[ 続きを読む ]

なぜ(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第11集くらい)

2009年01月29日 23:08

 赭杉軍に手伝ってもらって某所ででかけた素還眞。
 某所に行った目的は、例のアレの一つをゲットするためなのであったが、不発に終わった。赭杉軍 との約束の期日がきて人界へ戻るのだが、そのタイミングを見計らって朱武がしっかり素還眞狙いをしていた。
 赭杉軍はすでにくたびれてて素還眞を某所から術でもどすだけで手一杯。
 素還眞サイドの助っ人はあれこれありまして、結局単独で逃亡することになった素還眞。
 ぼろぼろになった素還眞のやつれた姿を見たのは、久しぶり。
 でもぅ・・・・・・燃えない・・・・・・・
 髪型がだんご頭でおろしてないからかしら?
 それとも今の顔が、私の好みじゃないからかしら?
 久しぶりに敵前で気を失っていたが・・・・なぜ、イロケを感じなかったんだろう、私。
 ちょっとトキメキかけてたのに、残念・・・・・・・・

 そんなことはとりあえずおいといて、その後話がどうなったかというと・・・・・
[ 続きを読む ]

そうきたか!(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第11集くらい)

2009年01月28日 23:53

 さて、いろいろと見所てんこ盛りだったりして刺激的に話は進んでいます。
 で、意外にがんばっているのが清風坊ちゃん。
 当初、私はこの子を世間知らずのぼんぼんだと決め付けていた。ところがどうして、彼はなかなかがっつがある。
 親を殺され敵を討つことを絶凌笙に強要されても、突っぱねきる。逆に敵が殺されたと知ると墓をつくってやる始末。
この時代(といっても、いつかわからないが、きっとと-い昔)、子が親の敵を討つのは当然のこと。これをしなければ道義に反する。息子ならば、この腰抜けと罵られてもおかしくないのである。
 それなのに、敵は絶対に討たないと清風坊ちゃんは言うのだ。
 彼は性善説を信じ、人は過ちを犯すものであり、どんな悪人でも立ち直るきっかけを与えなくてはならないというわけだ。また敵を討つことで敵が更なる敵を生み、どこかで断ち切らなければ永遠に不幸が繰り返されると考えている。
 これが、己の身内のことであれば、そういっておれるかもしれない。
 ところが魔界に捕らえられ、それが原因で彼を助けに行った絶凌笙が殺されることになる。彼は、生まれて始めて目の前で親しい人を殺害されたのだと思う。
 彼は自分の信じるものを貫く為に、日々行動しているが、若さゆえに理論先行しているところがある。彼の考え方は崇高で素晴らしい。しかし、皆が彼と同じように考え行動するわけではない。江湖は基本的に武力で物言う輩が圧倒的多数。武力でとなったとき、自分に実力がない場合、一体誰が誰を守るというのだ。また目の前の弱きものを誰が守るというのだろう。自分の信念を貫くということは、それを貫けるだけのなにかを自分が持ちあわせなくてはならないのだ。そこんところに気づいた彼は、武芸を学ぶことを決心し、任剣誰の元へ弟子入り志願をしてました。
 しかし任剣誰は弟子をとる気がないので、ごっつい冷たいです。
 半死の目にあわせてました。
 しかし、清風ぼっちゃん、がっつがあります。
 若干逆ギレっぽい感じで、アノ岩を持ち上げて、己の信念をぶちまけてました。
 意外と感動させるシ-ンです。興味がなくても、ちょっとジ-ンとくるものがあります。
 で、任剣誰はたぶん弟子にするんだろうなぁ。 
[ 続きを読む ]

ふぅ、やれやれだぜぃ(【神州之Ⅰ蒼玄泣】第8集まで)

2009年01月26日 07:00

 一段落して話が転がるかと思えば、ま-だまだ先のことらしい。
 アイテム争奪戦は徐々に激化している感じだが、でも、のらりくらりの趣もあり~ので、若干じらされている気分。3シリ-ズあるんだから、仕方ないわな。【蒼玄泣】で神州の柱のポイントが書かれた本を探し出して、さぁ壊そうかなぁくらいで3シリ-ズ目に続くとみたが、どうだろう。とにかく【天罪】で盛り上げないとね。

 さて、気がついたことをつれづれなるままに書いてみよう。

■ つれづれ釋雲生

 葉少釵を助ける時には、あんなにスピ-ディだったのに、我が釋雲生を助けるとなればのらりくらりの素還眞。ありえねぇ、と個人的に不満たらたらだったが、素還眞らしいといえばらしいと思い直しつつ続きをみた。
 ま-とりあえず識界に一人で行ったさ。で、我が釋雲生は、再び泰逢に気絶させられてて意識なし、というところに素還眞がてくてくと登場。素還眞の姿を見てほっとしている泰逢は、食眠草を素還眞から受け取り、早速治療。
[ 続きを読む ]

十字架(詩編)

2009年01月25日 07:30

やさしい君が血まみれになる理由など
あるのだろうか     この世界に
私は君に渡すよ    私の心を
君は泣いて嫌だというのだろう 
でも私は知っている  やさしい君が受け取ることを
そんな私はずるいだろうか

私の心はぽきりと折れて 活きていく支えを失った
君は望まないだろう           私との決戦を
だけど私は最後に望んだんだ     私の心を渡すために
なぜ私たちは  ささやかでありふれた幸せが遠いのだろう

これは私の願い     君が君らしくあるように
今じゃなくてもいいんだ いつかその時がくれば
君は私を愚か者というだろう
でも私は知っている   やさしい君が私を許すことを
そんな私はずるいだろうか

輪廻の轍が紡いでいくよ  
幾重もの大気の中で  数え切れない命を抱えて
私は儚くなるけど 木となり鳥となる 
そして君をいつも見守っている
それが私の心 背負うべき十字架

紅葉 11
紅葉 11 posted by (C)しゃ-ねい

十字架

2009年01月24日 07:11



 また懲りずにつくってみました。
 朱武の写真が一枚もない・・・・・・
 朱聞の写真も数えるしかねぇ・・・・・・・
 しかたねぇ。また会わせてもらおう。

ありえねぇx2本(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第6集)

2009年01月23日 07:28

第6集冒頭で、どんぶらこ~どんぶらこと聖剣が船にゆられて大海を彷徨っておりました。それを見て、「あ~、聖剣さんは中原へと旅立ったんだなぁ」と単純に思っておりましたら、岸辺で出会ったのは呑佛ではありませんか。聖剣は呑佛を一目見て言う。

聖剣:「掌気が四筋の筋脈を封じているから、一声だせば真気が暴れ、
君は即座に死ぬことになる。君は苦しみに耐えているが、一言
いうためであるならば、俺が助けてやろう。」
呑佛は一言無言で何かを語ると、まぶたをそっと閉じ、俯く。
それを見た聖剣は、剣の真気で呑佛の体内にある掌気を壊す。
その刹那、呑佛は最後の一言を吐く。
呑佛:「極封霊地」
呑佛の体はゆっくり倒れていく。
その体を聖剣が支え、己が乗ってきた船に横たえ大海へと船を見送る。
[ 続きを読む ]

まとめ その2

2009年01月22日 07:09

 いっや~。前回、思いのほか魔界(というか朱武)に熱が入ってしまって魔界だけで終わってしまった。もっとコンパクトにまとめようと思っていたのに。
ということで、できるだけコンパクトにしていきたいと思うその他編。

 
■チ-ム東瀛

 なんか皆さん、すげぇ~ネ-ミングだよね(大笑)。そんな名前、アリなのかよっ!って、突っ込みバンバン入れてるのは俺だけですか?

 軍神VS一頁書
 一頁書がかろうじて勝ち。そのため、敗れた軍神は天皇に追われて一旦東瀛から離脱。旅へ。
 この戦いは、久しぶりに見ごたえありです。素晴らしい!
 軍神の技もユニ-クだったしな。それに対抗する一頁書の技も面白いし。
 まぁ、一頁書は命がけなんだけど。さすがは主柱の一つ、簡単に死なないわね。
[ 続きを読む ]

霹靂バトンをやってみた~

2009年01月21日 23:24

霹靂バトンはどこまで回せるでしょうか?バトン

Q1 霹靂歴は何年?
A1 約7年ほど
Q2 どのシリ-ズから見ている?
A2 【英雄傍】の途中から
Q3 どのシリ-ズまで見ている?
A3 【神州之Ⅱ蒼玄泣】の第6集まで
Q4 好きなシリ-ズを5作まで理由とあわせてどうぞ その1
A4 【風起雲湧Ⅱ】:男女、男男のねちっこい愛憎激が素晴らしい
Q5 好きなシリ-ズを5作まで理由とあわせてどうぞ その2
A5 【封霊島】:とても地味だが策謀合戦がとても面白く、よく練られた作品 
Q6 好きなシリ-ズを5作まで理由とあわせてどうぞ その3
A6 【九皇座】:人間の性との戦いがよかった 
Q7 好きなシリ-ズを5作まで理由とあわせてどうぞ その4
A7 【圖騰】:エンタ-ティメントに徹してたところ
Q8 好きなシリ-ズを5作まで理由とあわせてどうぞ その5
A8 【龍圖霸業】:エンタ-ティメントに徹してたところ
Q9 好きなキャラを5名まで理由とあわせてどうぞ その1
A9 傲神州:文武両道、感受性も豊かで器もでかく、非常にバランスがとれている男の中の男
Q10 好きなキャラを5名まで理由とあわせてどうぞ その2
A10 傲笑紅塵&不二刀&蜀道行:純粋ゆえに頑なになる愚か者
Q11 好きなキャラを5名まで理由とあわせてどうぞ その3
A11 蓮華&襲滅:二面性
Q12 好きなキャラを5名まで理由とあわせてどうぞ その4
A12 剣子:人のよさが禍して、裏切り者から後ろ蹴りを食らうタイプ。飄々と陽気なところ。
Q13 好きなキャラを5名まで理由とあわせてどうぞ その5
A13 蕭中剣&朱武:多情ゆえにメンタル面が脆いところ
Q14 泣けたシ-ンは?
A14 蜀道行の死に様 もう、ポッキリといってしまいたくなる気持ちが十二分に解る
Q15 感動したシ-ンは?
A15 剣君の死に様 本人的には目的を果たし、人生全うしたんだなと思う
Q16 笑えたシ-ンは?
A16 聖剣と伊達の会話。伊達が剣を抜けと言われ抜こうとしたところを聖剣が止めさせたシ-ン
Q17 心に残るセリフは?
A17 莫召奴:「もとより我らみなが選んだ権力ではいのに」  案外過去のセリフは忘れるモンですね(苦笑)。
Q18 主柱2本である素還眞と一頁書、どちらが好き?
A18 一頁書
Q19 素還眞が一頁書と葉少釵のどちらか一人しか助けられない。選ぶのはどっち?
A19 一頁書
Q20 その理由は?
A20 年功序列
Q21 あなたが所属するなら、どの門派?(無所属回答もOK)
A21 道教
Q22 上司にするなら誰がいい?
A22 傲神州
Q23 部下にするなら誰がいい?
A23 柳無色
Q24 同僚なら誰がいい?
A24 剣子
Q25 腹黒いなぁ、と思う人は誰?
A25 素還眞
Q26 心が美しい、と思う人は誰?
A26 該当なし
Q27 性格がいい、と思う人は誰?
A27 剣子
Q28 君子だ、と思う人は誰?
A28 該当なし
Q29 可愛い、と思う人は誰?
A29 柳無色
Q30 どのカップルが好き?
A30 胡蝶君と色無極
Q31 悪役の中で、極悪人だと思う人は誰?
A31 最近だと地獄島の一島主とか
Q32 生き様がよい人は、誰?
A32 最近だと蒼龍
Q33 死に様がよかった人は、誰?
A33 剣君&兵燹      
Q34 女性キャラだと、誰が好き?(複数回答OK)
A34 傾天紅、風采鈴
Q35 好きな彫師は、誰?
A35 君皇
Q36 持っている木偶で、どの彫師が多い?
A36 君皇
Q37 マイ木偶をもって、外拍してますか?
A37 行く
Q38 外拍の時、どこに一番気をつけて撮りますか?
A38 表情
Q39 自宅にいる木偶は、あなたの中で活きていると思う?
A39 活きてる
Q40 そういえば・・・あの人どうなってるの?と思うキャラはいますか?
A40 傲笑紅塵
Q41 その人にどうして欲しいと思う?
A41 そのまま隠居してもらってもいいかと思うこのごろ。
Q42 素還眞の化身で、一番好きな人は誰?
A42 雁雲先生
Q43 その理由は?
A43 ユ-モアの中に本音ト-ク炸裂してた。なにより陽気な性格がいい。素還眞もガス抜きが必要であり、いくらできた人間でもやはり人間にはかわりないと。
Q44 終わりが見えない霹靂シリ-ズ。これからも見続ける?
A44 見続けるでしょう
Q45 見続けると答えた人は、なぜだと思う?
A45 生き様死に様鑑賞がやめられないので

まとめ

2009年01月21日 07:30

 大幅な人員整理も一旦終了・・・・ってな感じを受けている私です。人員整理が終了した、前振りも半分くらい終わっている感じだし、これから大幅な動きがあるはず、だよな?!
 【神州之Ⅱ蒼玄泣】に大幅な期待をよせてます。でも三シリ-ズだし(笑)。
 やっぱ、ほどほど期待しときます(大笑)。

 あ-しかしなぁ~。蕭中剣があんな死に様だっただけになぁ。次、誰を応援しようかなぁという気持ちも若干ダレぎみだ。などとぼやきながらも、実はすでに物色済みだ(笑)。
 贔屓のキャラが不在の時ほど、おもしろくない時はないからなぁ。スト-リ-が面白ければ不在でもクリアできるのだが、基本贔屓キャラの活き様死に様鑑賞というのが主なみどころな私としては贔屓がいないよりいたほうがいいに決まっている。

 釋雲生は、思いのほか寿命が短そうなところが気がかり。
とはいえ如月影ほど短くはないようだが(笑)。顔といいい性格といい、ひじょ~に私の好みなんだがなぁ。
 私が応援する人たちは、基本的に途中で退場する率8割越えなので、もうここまでながながとシリ-ズを見ていれば死なれても動揺しなくなってきたが、登場期間が短すぎるというのは、それはそれでちょっとどうかと思わなくも無い。なんつったって霹靂江湖は活き難い。中途半端に回されて終わり率が飛躍的に高まりそうで。死に様がよければ、それで全てよし!の私のスタンスも崩されそうな勢いで、霹靂江湖生存競争は実に厳しくなってきている。しくしくしく。
  
とりあえず、言い出したら長くなるので(もう、すでに長いか)、前振りはここまでにして、まとめ。
[ 続きを読む ]

死に方いろいろ その2(【神州之Ⅰ】第30集くらいまで)

2009年01月20日 07:30

■ 蕭中剣

うっぎゃぁ~~~~っ!
それで、本当にいいのか、お前は~~~っ!
 


 いいんだろうな、本人は。だから、勝負に負けることを選んだんだろうよ。
 でもですね。私、蕭中剣の死に意味があるかと聞かれたら、意味ないと思えて思えて・・・しくしくしくしく・・・もう、涙が止まりません。
 朱聞は蕭兄さんと呼び蕭中剣をたててくれてはいるけれど、実力でどっちが上かと言われたら、そりゃ朱武でありましょう。朱武はいうても魔界鬼族のトップであります。そのトップがいくら蕭中剣が強いとはいえ負けてたのでは示しがつきません。っていうか、その後の話が進みません。
 だのに、なぜ戦いたいのかなぁ・・・・・・蕭中剣。
 大体それをしてもらう立場の朱武だって、全然喜んでないじゃないの。というより、かなり迷惑なんじゃないの。本心は、
「 そこんところは、ひとつ、気持ちだけで勘弁してください」
だと思うのよね、絶対に。 
[ 続きを読む ]

死に方いろいろ(【神州Ⅰ】第30集くらいまで)

2009年01月19日 07:30

 シリ-ズ中盤から人員整理ががっつんがっつんと入り始めて、色々と思うところもありますが、とりあえず思ったことをつらつらと。

■軒轅不敗
 けんえんふはい・・・・っと。読み方覚えた頃にいってしまいました、あっさりと。
 確かに、息子の剣七魄で軒轅不敗を殺害するのにリミット設定がでた時点で、もうすぐなんだろ-なぁ-と予感させるものがあった。あったのだが、そこは霹靂なので、再び父親の勝ちにしてもう一回くらい話を転がしてくれるかな、と期待もしたのだ。
そうなると、私が密かに気に入っていた師如九の死が無駄死になるので、若干心痛いことにもなるのだが。
 息子に向けて言ったセリフは親子の葛藤の〆的な発言ではあるが、父親側の感情が死に至るまでに描ききれていないために言葉に深みを感じられず、とってつけたのようなセリフにしか思えなかった、と感じるのは私があの親子に対して感情移入してないからでしょうか。
 軒轅不敗がと-とつに「覇権!」と言い出したところから違和感を感じる。
 感じるのだが、上手い具合に策謀巡らし話を回転させる役割を果たしていたところは、ポイントあった。
 個人的には、軒轅不敗はもっと突出した個性派キャラになるかと思ったのだが、なんだか育ちきれずに死がきちゃったという印象だ。  
[ 続きを読む ]

心に残るセリフ 莫召奴 朱聞 (【霹靂神州?】第26集まで)

2009年01月05日 07:28

 シリ-ズも終盤になってくると、次作シリ-ズに向けて話を巻くせいか、もう切ない話がてんこ盛りです。新年早々泣ける話ばかりで切ないです。
切ないのですが、話がどんどん展開していくので、余韻に浸っている暇もありません。
ちょっと話のつなげ方を考えて欲しいと、ぼやいてしまいました。


■ 「もとより我らみなが選んだ権力ではいのに」 by莫召奴
 第25集エンディング&26集冒頭

□ざっくりシ-ン説明
 桜散る花びらの下、許婚良峰秀朧の墓前で莫召奴が呟くセリフ。
 一頁書と軍神が勝負して一頁書の勝ちとなる。その帰路、少々まずいことがあったが、それは解決策が見つかったので莫召奴としては一段落ついたところ。
 一方東瀛は影でうごめいていた覇権争いが表面化しつつある状態で、良峰さんはその覇権争いの渦中に巻き込まれている。天皇への忠誠の証として売国奴である莫召奴の首を持っていかねばならない状況に追い込まれていた。
 軍神は一頁書に負けたためお役目ごめんとなり、神無月にもどり暫く旅に出ることになった。そこで神無月が莫召奴に一緒に旅に行かないかと誘い、莫召奴もそんじゃ一緒に行くかということで、最後の別れを墓前でしているわけだ。
 そこにふらりとやってきた良峰さんが、突然莫召奴のわき腹にきりつける。
 
------------------- シ-ン説明終わり -------------------

 この一連のシ-ンはとにかく美しい。
 元々美丈夫な人であるが、外見だけではなくその心根も美しい人。
 そりゃ、大輪のカサブランカの前に立たせても負けないよね、ってなくらいだ。
 そういう人の最後というのは、なかなかハ-ドな死に方をさせる霹靂世界ではどうなるのか、とんと検討がつかなかった。が、なるほど莫召奴ともなれば死ぬシ-ンまでもがこのように美しいのか、と死よりも美しさに衝撃を受けた。
 友人である人間に不意打ちで一刀わき腹を刺されても、恨み一つ言わない。普通、友人に不意打ちを食らえば、刺された方はなにすんねんと取り乱すところ。それを責めるでなく、ただ覚悟しているところが更に美しさを倍増させる。無言ではあるが、友人である彼が己を刺すには特別な訳があるのだろうと思い、且つそれはけして己の欲ではないと信じている。信じているから相手に理由を問わない。そんな二人の信頼関係は、素晴らしい。
 冒頭のセリフの「権力」がどれを指すのかだが、私は非凡な武功の才能を持つ者、を指すのではないかと思った次第です。
 武侠世界は、強くてなんぼです。強くなければ意味がない。
 その強さゆえ「おのれの信条と正義の為に体を張って他人を救う」ことが体現でき、その強さゆえ他人から一目置かれ、それは場合によっては権力へと繋がってしまう運命でもある。
 それゆえに強いものは戦いに巻き込まれ、運命をまっとうする為に果ててゆく。
 ただ皆が平和に楽しく暮らせることを夢見ているだけなのにな、と思いながら。
 そういったものたちの悲哀をあらわしている言葉に感じられ、心に染みました。

 でも、莫召奴が本当に死ぬ、とは思わなかったですけど。
[ 続きを読む ]

【霹靂神州】第21集までの一口感想

2009年01月02日 22:36

■ 年末早々、生き様みさせてもらいました、蒼龍。
 最初は超絶嫌なヤツ、と思っていました。だって、偽君子だしぃ。こういうタイプが一番嫌いなんですよね。しかし、浮き沈みしながらも潔い生き方されて、清清しい。
 河童と話をしてから、もうすぐかと思ってたけど、ホントすぐだった。

■ お笑いコンビ登場
1. 天草&如月影
 突っ込みが天草でボケが如月影。
 如月影は運命という言葉をやたらめったら言うが、それもそろそろ運命の幕開けとなる様子。
 ボケと突っ込みも命がけになるのか。

2. 伊達我流&剣聖
 ボケが弟子の伊達で突っ込みが師匠の剣聖。
  師匠の剣聖の口調がぽよぽよ。一方の弟子は頭の回転も速いし口も達者なので突っ込み担当課と思えば、そこは剣聖の威厳もあってきっちり突っ込むようだ。しかもさりげに毒吐くし気性も激しい。
 剣聖が一見ぽよぽよなので、その毒の吐き方とのギャップが笑いを誘う。
 ところで、偶然剣聖が某魔人に印籠を渡していたところを見てしまったのだが、アノ人、あれで終わりじゃねぇよな、と一人ごちている。 
[ 続きを読む ]

新年あけましておめでとうございます~

2009年01月01日 07:30

2009-riben-nianhe-net-lianhua.jpg