FC2ブログ

お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

まとめ(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第33集まで)

2009年02月27日 07:30

 い-や、いやいや。濃度が濃いと感想書くのも大変だわ、こりゃ。書ききれん。
 ということで、書いてないものもちらほらと加えながら追加事項を書くって、なかなかめんどくさいものがあるな(笑)。

 結局のところ、前回重症を負った剣閣の四宮主は一ヶ月くらいで回復すると。それまで車椅子生活。任剣誰が面倒をみることになっている。湿布張り替えてやったり、まめまめしく世話をするのか、男手で(笑)?
 清風坊ちゃんのことなど、すっかり遠く彼方へ追いやられてる感じなのだが、清風坊ちゃんは順調に体を作り変えとるのかのぉぅ。
 任剣誰は不二做が四宮主を誤って刺してしまったが、そこんところは何も触れないところをみると、また不二做のピンチを助けてやったところをみると、この件については彼が悪いとは思っていない様子。とりあえず、不二做の恩人を彼が助けてからお約束の件が動くのでしょう。
 地味な顔ながら、任剣誰は確実に美味しいとこどり。ビシっと決めている。そんな彼を見て、彼は霹靂の神様に愛されているな、と思うこの頃。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



御礼申し上げます by蕭中剣

2009年02月26日 07:35

 朱聞さんから、バレンタインのチョコを頂いた。
 暫くもったいないお化けに取り付かれていた蕭中剣だが、美味しく食べました。
 蕭中剣、ハ-ト型のチョコの中身のクリ-ムがとろりととろけて、
 まったりした気分になる。思ったよりも甘い。
 もっとビタ-なのかと思ったが、
 バレンタインでハ-トだから甘くきたんだよね、たぶん(笑)。
 あと、上に米のポン菓子(のツブ)が乗っかってるチョコもよかった。
 ナッツにミルクチョコ。この組み合わせに大変弱い(笑)。
 あぁいうツブものって、
 中身はどうなってるのかなぁという楽しみがあってイイよな。
 あっという間に食べてしまった。 
 大変美味しかったです。ご馳走様でした。
[ 続きを読む ]

夢は儚く(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第33集まで)

2009年02月25日 07:30

 ちょっと思うところがあり、【神州之Ⅰ】の後半部分をふらふらと見ていた。ら、神無月と莫召奴が船で旅にでるシ-ンにぶつかった。
 がけっぶちから神無月を見送る剣聖。その背後には一人の美女。
 伊達がその美女を見て、凄い美人だとしきりに感心していたら、剣聖が

「お前は彼女を知っているけど、それが誰だか見出せないだけだ」

という。
 剣聖が知ってて、伊達も知っている人・・・・・・・・って?
 消去法でいくと・・・・・・・・・・・・・

えぇぇっ!?

 そうか!
 こういう振りで莫召奴の婚約者というのが、判明していったわけだ。
 莫召奴の婚約者はアノ人だという話は聞いていたが、改めてその気になって見ても、ちゃんと驚けた自分がいてよかった(笑)。
ということに、改めて気づいたのであった。う~~~ん、俺、さらっとスル-してたな(笑)。

 教訓
 霹靂は、油断ならない。
 後でもう一度ちゃんと見ようと思うなら、その時に確認しとけ。
 ほぼほぼ二度目はない(笑)。
 油断大敵。
[ 続きを読む ]

なんで、そ-なるの?(【神州之?蒼玄泣】第31集まで)

2009年02月24日 07:33

 相変わらず朱武が登場しません。
 代わりに黒い羽をぶわ~~っと撒き散らす人が登場。
 コレ、朱武の化身でよろしいのか?
 声は、大変好み。でも、顔・・・・・・・全く好みでなく・・・・・
 魔界のことをよく知っていて、魔術(といってしまってええのんか?)にも詳しい。
って、朱武?
って感じで、誰かはっきりしてないけど、勝手に決め付けかかっている俺。
 
んが---っ!
超絶、がっくり。ちょ~~がっくり。

顔だけで決め付けるのもどうかと思うけど、
黒い羽だすなら、

朱聞をだしやがれ~~~~~~デスよ。
あ~~~、やる気でねぇ~~~~
でんでん、でねぇ~~~~

かなりダレ気味。
[ 続きを読む ]

ふ~~ん(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第29集まで)

2009年02月18日 07:18

 私としては、今回、あんまり・・・・というか、殆ど燃えどころがなかったで-す。
 なので、あんまり熱意ある感想じゃないと思いま-す。
 というわけで、ざっくりと書く、と。

 任剣誰は剣閣の四宮主と戦って、まぁ、勝つわけなのです。で、めでたく結婚となるわけですが、任剣誰としては結婚目的で剣閣に来たわけではない。それに、親子ほど年が違う子を嫁にといわれても、ぶっちゃけ困る。ということで、四宮主と一緒の部屋で寝ることになりましたが、彼女が初夜になにをするか知らないのをいいことに、てきと-に子供だましみたいなことをしてやり過ごしていた彼。
 だ~~け~~ど~~も~~

仮にも女の子を布でぐるぐる巻きにして、
それで子供ができるはねぇだろ~~(爆笑)
で、四宮主も、なんか腑に落ちないといいながらも
だまされてるな~~(大笑)


 笑った、凄く笑った。
 翌朝、二人して剣閣の外に繰り出し、市場を散策。
 そして・・・・任剣誰は、疑問に思うところを四宮主に確認するため、某所へ連れ出したのだが・・・・・・
果たして、剣閣で生まれた男性諸君は、一体どうなっとるのだろうか?!
[ 続きを読む ]

くるりくるり

2009年02月14日 07:06



 ちょっとがんばってみました。
 
 

すっかり忘れてるし(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第27集まで)

2009年02月13日 07:30

 感想を書くまでに暫く間隔を空けていたら、すっかり忘れていた(笑)。
 なので、つらつら思いついたことを簡単に書いて終わろうかなと思う今回。

■ 剣閣での決戦

 結局、婿取り合戦。でも、男性に主張権はない。
 二宮主だけかと思えば、4名全員婿取りだ(笑)。
 試合で残ったメンバ-:剣聖、任剣誰、不二做、西門
 妥当なメンバ-。
 ちなみに赭杉軍は目的が偽と判明した時点で、戦線離脱。
 しっかり、ちゃっかりしてる。怨姫の件は、スル-なんだ。
 でも、他に忙しいし。中原を素還眞の代わりに仕切ってるし。
 ということで。
 組み合わせ:一宮主&剣聖、二宮主&西門、怨姫&不二做、四宮主&任剣誰
 この中で、一番張り切っているのが、実は世間知らずのお子ちゃま四宮主。
 それ以外は、淡々と、淡々と・・・・・
[ 続きを読む ]

意外な!(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第25集まで)

2009年02月08日 07:00

 前回侠道追朔の示した極封霊地にある神柱を破壊した朱武。
 壊してみたものの転変地異かと思うような大地震が発生し、こんなことをやり続けていいものか疑問に思った朱武。ということで、天魔池の石造に取り付いている親父どののところへ赴いた。
 まぁ、親父どのに、俺になにかいうことあるんじゃないか、と確認しにいくわけですね。
隠してること、ないだろうな、と。親父どのは、相変わらず両の翼をばっさ、ばっささせながら、「親が子の不利になるようなことをいうわけないでしょ」というようなことを言っていたが・・・・・

めっさ、怪しい、っつ-の!
そのバッサ、バッサが一番、怪しいっつ-の!
それが一番、信用できないっつ-の!
声、あからさまに企みを楽しんでるでしょッ!?


 朱武もあんまり納得しているようには思えなかったが、とりあえず奥さんの件については、コレをやるしかないし、まぁ、とにかく柱の所在をはっきりしとこうか、というあたりじゃないかと思われ。
 
 なんだか朱武が、だんだん追い詰められていくような気がしてならない私です。
[ 続きを読む ]

あれれのれ?(【神州之Ⅱ蒼玄無】第23集くらいまで)

2009年02月06日 07:04

 剣聖がピンチです。
 競天宗という組織から攻められた際に毒にやられて、現在失明中。
 結構強烈な毒のようで、彼はかなりふらふらのよろよろでなんとか戦ってはいましたが、失神寸前のような状態。でも、そこは霹靂の神様の守護があるので、東宮という助けが登場し、無事難を逃れました。
 現在、毒を消すために怨姫のところに滞在中。
 でも、彼女は所属先の某所にいて、いつ自宅に戻ってくるのか不明なのだ。
 う~~~~~ん・・・・・・どうなる剣聖。
 最近、やっと剣聖の渋さに感動してきているのに。
 ここで、一休みとなってしまうのか。

 ということで、割合に今回は、見所がたくさんあったような気がします。
[ 続きを読む ]

意外なトキメキ(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第21集まで)

2009年02月05日 07:30

 さて、そんなこんなで清風坊ちゃんは、現在マグマの中、造化金棺の中で再生中。
 その間、やはりというか、卓東来が不二做に殺害されました。
 不二做には殺す気がなかったんですが、卓東来は寄生虫に体をのっとられているので人の話など聞いちゃいない。そんなこんなで、やむなく・・・・・・というところです。
 で、不二做に我が友卓東来が殺された任剣誰は、物凄く怒りました。
 例の岩を砕き、とうとう自分の剣を肩に背負ったのです。
 今まで剣を持つ必要などないと頑なに拒んでいた男が、と-と-本気になりました。
 私、なんだかんだいっても友がきっかけになることは、かなりの確率で少ないかと思ったりしたのですが、彼は本気をだす気になった模様。
 彼の本気がどんなものなのか?!
 でもなぁ・・・・・・不二做って今、素還眞関係者に使われてるんだよなぁ・・・
 だから、一回戦くらいではケリがつかないんじゃないかと思うわけなのだが、まぁ、とりあえず本気になってもらえるようだから、いっか(笑)!
[ 続きを読む ]

新たな運命の轍が回る(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第20集まで)

2009年02月04日 07:08

 霹靂バトンに参加して頂いた方々、有難うございました。
 自分で質問をつくっておきながら、やってみるといかに過去の出来事を忘れておることかっ!
 おかしいなぁ~~~~~
 あんだけ泣いて笑って感動したハズなのになぁ~~~~~
 どこに落ちちゃったんだろう?
 どんどん上書きされて、上書きしたはしからどんどん自動削除されてる感じ(笑)?
 好きなキャラの出来事まで、ごっそり抜けてたりする俺・・・イタイ。
 一年に一回くらいは、過去のシリ-ズをもう一度見直したい・・・でも、理想だな(笑)。
 
 人によって贔屓筋も違うので、同じものを見ても視点が違う。
 なので、好きなシリ-ズも贔屓筋ががんばったシリ-ズになったりするので、ばらつきがでて面白かったです。当然といえば当然なのですが、そこが面白いなと思いました。また、私がすっかり忘れていたことが思い出されて、凄く懐かしかったのでありました。 

ということで、今回の感想は、これだ。
[ 続きを読む ]

やりました-っ!(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第19集まで)

2009年02月03日 07:19

 清風坊ちゃんは任剣誰から剣譜をもらい3招を学び、任剣誰の許可がでて魔界へ戦いに行きました。絶凌笙あねごを背後から襲った卑劣なにっくきヤツと早速対戦。

圧勝!

 清風坊ちゃん、たった3日間で、よくぞここまで育ちました。
 次は魔界四天王長男との戦いですっ!
 ぶっちゃけ四天王の長男と戦うのは、まだ早いかと思われるので、任剣誰が助けにくることでありましょう。清風坊ちゃんの活躍で、任剣誰をどんどん巻き込んでゆくのだ。
と、思っていたら、任剣誰の友である卓東来が東宮についてた寄生虫に体を奪われた。

 キタ----ッ!
 死亡フラッグがキタ----ッ!
 卓東来、割合好きだったのに・・・・・・・・・・

 なので、卓東来がちかじかお亡くなりになる可能性がでてきました。
 いや~。てっきり雲散霧消したかと思ったんですけどね、あの寄生虫。なかなかどうして、妙にしぶとさを発揮してますよね、このムシ(笑)。しかも、割合知能犯だし(笑)。
 そうんなわけで、内容によっては任剣誰が動く可能性もアリ!になってきました。

 なんだか、大変なことになりつつあるかも?な、清風坊ちゃんがらみですが、いやいや、本当に大変なのは、きっとこれから。霹靂江湖は、ホントに無情なのですから。
 
ということで、あれから皆さんは・・・・・・
[ 続きを読む ]

さあ!どうなる!(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第18集まで)

2009年02月02日 07:18

 剣聖ですが、相変わらずゴ-イング・マイ・ウェです。わが道を行く。それのみ。
 中原で師匠の剣法を試すべく東宮を助けて対戦したのですが、東宮では全く話になりませんでした。
 「はぁぁぁ~~」
剣聖、すごく深いため息ついて、もう、ちょ~~~~~がっかり(笑)。
 その後、剣聖は呑佛が最後に言い残した極封霊地へ赴きました。
 丁度その頃、朱武もまた極封霊地にきていた。極封霊地とは、神柱の一つ。
 で、極封霊地は空間がずれているというかゆがんでいるというか、不思議な場所です。朱武も剣聖も同じところにいるのだが、微妙に空間がずれているので二人は互いに存在をみとめることができません。敵がどこにいるかわからない状況で戦ってます。
すれ違いざまに相手の気を感じて剣を繰り出す。う~~~~~ん、渋い、とっても渋い。
 そんなこんなで、一体いつ二人に決着がつくのか、現在不明。
 しかし、剣聖は久しぶりに手ごたえを感じて、やる気満々(笑)。
 そうか-・・・・剣聖クラスともなると、朱武くらいがでてこないとつりあわないのね。
 とはいえ、朱武だってここで負けるわけにはいきません。
 彼にはなすべきことがあるのです。
 ファイト朱武!この件で負けるとは全く思っちゃいないが、とにかくがんばるのだ!
ってか、早く話を転がしてください(笑)。 

 さて、その後の皆さんの動向は・・・・・・
[ 続きを読む ]

なんでやねん!(【神州之Ⅱ蒼玄泣】第18集まで)

2009年02月01日 07:30

  清風坊ちゃんがんばってます。とうとう剣技を勉強し始めました。
  どうやら基礎体力の鍛錬は終了した模様です。いや、まぁ、スパルタ式でやってはいたけど、あれって一体何日分に相当するんでしょうか。あの量でホントにいいの?疑問です。
  しかしがんばる清風ぼっちゃんのがんばりとは裏腹に任剣誰の顔はうかない。
「惜しい。あれには俺の剣法は合わないからな・・・・・・・」
 つまり、任剣誰の技というのは攻めあるのみで守りなし。清風坊ちゃんの気質を考えると、問天譴タイプの技と相性がいい。本当は問天譴に弟子入りして修行した方がよかった。
そんなことをいまさらいっても仕方ありません。結果、足りないところは剣で補うことになりました。
 そこで任剣誰の友卓東来が西門家に押し入り、神剣を奪ってきます。もう、強奪ね(笑)。そこんとこ、どうなんよ、という話は脇へやられています。
 で、この西門家から強奪した剣が凄い。名は恨鉄不成剣、一本の隕石から作られた剣。この剣を見て、私は【七剣】を思い出しましたね。青幹剣をね。脚本家のイメ-ジとして、青幹剣があるんじゃないかな。恨鉄不成剣は、使い手が剣法なら剣に、刀法なら刀に姿を変えることができるし、使い手のレベルにあわせて姿を変えることができる。
まさに神剣!すごいものを遣うことになったよなぁ、清風坊ちゃん!
だが、これからです、清風ぼっちゃん!ファイト~~です。

 さて、我が釋雲生の死亡で衝撃を受けていた私に傷心している隙を与えることなく、話はどかどか進んでいってます。
[ 続きを読む ]