FC2ブログ

お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

やはり!なのか? 花園外拍 その2

2007年05月04日 00:27

 二日目。朝は朝食前から花園で外拍。外は曇。
雨女と言われる人たちが、これで雨女返上ねっ、と喜んでいた昨日。
いやいや、今その人たちが故郷に帰っているからだとか、話題はつきませんが、とりあえず曇だったんですよ、朝は。
 話は変わりますが、花園は大きな石が土に埋まっているところがありまして。そこに木偶を置いての撮影となりました。しか~し。私が撮ると木偶の顔が豆粒になりましてな。直ぐに全体を撮るのを諦めましたよ。
思えばこれが今日の私の撮影ぶりを示唆してたかのようでございます、今にして思えば。

 初めて会った宵の肌は、白い陶器のような感じをだすのに必死。
ボケ具合が甘くロマンチックな感じ?に仕上がる中、目線きつめがポイントです。
070504ehi-xiao-x.jpg
 次は久しぶりだよ修羅君!ってことで襲滅とワンセットで撮ってたけど、諦めて修羅一点集中。この人が、これまた難しい。
こういう顔の形って、なかなかいないってことに気づいた。どの角度がいいのか迷った為、似たような写真がわんさか撮れた。
070504ehi-shu-x.jpg


 朝食後、南レクへ向かう。ここには日本庭園があり、聞くところによると黄菖蒲が咲いているとか。藤や菖蒲が有名だそうです。
 山道をかっとばす女豹。途中、大雨が降りまして。天気予報は、今日まで晴れだって、言ってたじゃん!と空に叫んでも空は雨を降らせるばかり。目的地についても小雨が降っておりました。お庭にある山の家、という小屋を拠点にして撮影するうちに小雨も止みました。
070504ehi-yin-x2.jpg


070504ehi-buerdao-x.jpg


 夕暮れせまり人気がなくなったところで、黄菖蒲が咲いている池へと向かいました。人がごっそりいなくなり、撮りやすくなりました。
のらさんと縁さんは橋の袂で撮影してました。歩くんと太一が語ってるんです、これが。何を話てるのかは解らないですけど、なにやら雰囲気はありました。
私とアマツさんは黄菖蒲を撮り、その後散っちゃい花を沢山咲かせた木で襲滅撮ってました。
 最後はぬめぬめ温泉(そんなネ-ミングじゃねぇけど)でまったりと疲れを癒して終わりました。 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)