お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真打、登場(【神州之Ⅲ天罪】第7~8集)

2009年04月03日 07:30

 棄天帝、なんですか、アレ(笑)。
 強いことは、良く解ったが圧倒的すぎませんか?
 今までにないくらいの迫力です。微塵の隙もみせません。
 どれだけ凄い技でも、全部掌のスナップ止めって、ナニよ(笑)。

そこまで強すぎると、全く面白くないっつ-の!!

 可愛げも全くありません。
 そんなわけでチ-ム中原、悲惨です。

 ところで話が変わります。
 今回、剣子が伏嬰師と戦ってましたが、そん時、めっさ怒った剣子は、
「正直言って、私はお前がだいっきらいだ!」
と言ってました。
うん、うん、凄く良くわかる、そこんとこ(笑)。

■ チ-ム中原 VS 棄天帝

・ これが最後の大勝負!と悲壮感漂わせながらも、勝たねばで勝負を挑む。
・ しかし、今の棄天帝に叶うわけねぇって。はっきりいって、無謀です。
・ 中原は、ぶっちゃけ焦って空回りしてるな。やることがてんぱってるって。
・ 今、棄天帝と戦う=死亡フラッグ立つに等しいぞ、おい。
・ で、蒼、葉少釵他3名のチ-ム編成で挑んだわけだが、ここぞというところで葉少釵に異変が。
・ 葉少釵の指にはめられた魔界製の指輪がトラップとなり~~~~~
  葉少釵の動きを封じてしまった。
・ が、負けじと戦う残り4名。だが、太一が最初の犠牲に・・・・・だから、言ったのに。
・ これでかっと頭に血の上った人が、第二の犠牲に・・・・・頭に血が上った時点で負けだよな。
・ 「天よ!もし目があるのなら、人間の意志を見届けよ!」
・ 空に向かって叫ぶ蒼、己の命を賭して、最後の大技をしかける。
・ その時、突如、天空から卍マ-クの技が蒼の技と重なり、棄天帝の技を打ち破った!!
・ 一頁書、颯爽と登場!!<しかも、かなり突然。突然登場が続いてますね。
・ い-や、いやいや。あの迫力!気迫!今、棄天帝に対抗できる人は、彼しかいない!
・ 「一招受け止めたら、4名全員の命、今回見逃してやる」と棄天帝。
・ つかつかと大またで前に歩みより、「さぁ!かかってきなさい!」と一頁書。
・ 一頁書を見ていると、彼が負ける気がしないし、無謀なようにも思えないから不思議。
・ で、きっちり棄天帝の技「神之焔」を受け止めた。
・ さすがは一頁書。やるな(笑)!けろっとした顔で堂々とその場を離れた。
・ かっこイイ~~~!やっぱ、かっこイイ~~~!さすが、一回目登場、魅せますっ!
・ が、本当に大丈夫なの、一頁書?
・ やっぱ、大丈夫ではありませんでした。帰宅途中に血を吐いていた。
・ だが、棄天帝に「さっすが一頁書」と褒められてたぞ。
・ ってゆ-か、逆に言えば、一頁書以外、誰も認められてないってか(笑)?
・ 羽人と一頁書は治療のため某所へ。残り三人は剣子自宅へ。
・ ちなみに葉少釵は海へ落ち、辺鄙な浜辺に流されてます。


■ 佛剣&龍宿 VS 戦獣

・ 龍宿、めっさイヤイヤ戦っている(笑)。ホントはきっとこの場にいたくないのだ。
・ 佛剣もなかなかしぶといから、やむなく・・・なんだろうなぁ。
・ 第一回目の戦いで、戦獣の首を刎ねたが復活されてしまって、一旦退散。
・ 戦いには退くことも肝要です。
・ こりゃ困ったな、ということで現在中原の物知り博士と化している佛公子のところへ。
・ アドバイスを貰って、次回、再度挑戦。
・ ひくわよっ! <たぶん、次は勝つのでは


■ 伏龍先生

・ 伏龍先生は、二本目の神柱が倒壊した際に真っ二つとなった大陸を
 くっつけるために画策していた。
・ 氷の女の人と焔の男の人に協力を仰ぐ。
・ この二人、むか~~し決闘した際に両者が相手に剣を突き刺してドロ-となっていた。
・ 我が身に刺さった剣は、刺した本人しか抜くことができないもんだから、
 ずっと傷が治らない状態で双方難儀していたらしい。
・ 今回、これを機会に、とりあえず双方の剣を抜こうか、ということになった様子。
・ まぁ、とりあえず元気にならんとね。
・ で、そんなこんなで大陸はくっついたわけだが・・・・・・
・ 前に、割れた裂け目に人がいるはず・・・って、誰かいってせんでした?
・ でも、あの裂け目に落ちて生き残れる人って、いないと思うが・・・・ 
・ ところで、伏龍先生の体内にいた素還眞@魂、どうやらかなり拙い状態に陥った。
・ 魂を維持できなくなってきている。
・ ここで維持できなければ、素還眞、昇天!
・ 慌てる伏龍先生は、救いを求めて某菩薩のところへ向かうが・・・・・・
・ 伏龍先生も重症負って、ぼろぼろなんだよね。
・ 果たして、伏龍先生は、間に合うのか!?


■ チ-ム魔界

・ 赭杉軍の遺体をゲットした棄天帝。
・ 棄天帝が直接孽角とやりあったわけで。
・ 早速、部下Fに「次やることわかってるな」と申し伝えて手配済み。
・ まぁ、アレですよ。脳内の記憶を探って四本目の神柱の所在を調べろと。
・ 時間、かかるらしいですけど。
・ ちなみに三本目の神柱の出入り口は、もうすぐ開きそうな感じです。

 そんなわけで、自集色々と動きがでてくる様子です!
 剣子、一頁書の活躍に期待!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。