お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲喜こもごも by一頁書、孽角、朱武、泰逢(【神州Ⅲ之天罪】第17~18集)

2009年05月17日 18:37

 今回は、見所たくさんです。
 先ず、一頁書&風之痕と棄天帝の勝負。
 複線てんこ盛りで、全然注目株ではない超脇役が、さらりと大切なことを言ってたりする。
 気が抜けない!
 【天啓】のオ-プニングを見た人は、気付くと思います。
 こっから既に素還眞の行く末ネタの複線が張られていることを。
 
 そして個人的に注目したいのは、やはり孽角です。
 滅境が人界に進出してきたわけですから、孽角が黙って見過ごされるとは思えません。
 彼らに待ち構えているであろう艱難辛苦を思うと、今から泣けてきます。

 そして朱武。
 とうとう本体をゲットして元の姿に戻ったわけですが、彼のデットゾ-ンも見えてきたような気分です。

というわけで、感想。

 
■ 棄天帝VS一頁書&風之痕

 17-18集と2集跨いで三人の戦いは続くわけだが・・・・・・・
 
棄天帝!お前は、どこまで強いんだっ!
超絶、ありえねぇ~~~~~

 しかし、我らが一頁書は、棄天帝の体に、ざっくりと傷をつけることに成功しました。
 成功はしたものの一頁書も風之痕も重症。もう、立つのもやっとという感じ。棄天帝も、体に深く傷をつけられて、ちょっと拙いかなと思ったのか、
「そろそろこの戦いも終わらせてもらう」
と最後の大技宣言。
 重症を負った風之傷を振り返り見た一頁書は、ここまでしても倒せない棄天帝の強さに苦悩が入り混じり、うな垂れて一言呟く。
「天意なのか」
 そして一頁書もこれに立ち向かうべく、最後の大技を繰り出す。
 二人の技と技は、双方互いを激しく傷つけた。
 だが、棄天帝の両足は、地に立っている。しかし、一頁書はこらえきれず倒れてしまった。
 これを見て、拙いと思った三先天の三名は、慌てて一頁書らのフォロ-に入る・・・・って・・・・

君ら、この戦いに来た意味が、俺にはわかんねぇ・・・よ
バックで二人をフォロ-すると言っていたが、ほぼほぼ見物して終わっていた3名。
というか、状況説明をしておったよな(笑)。
結局最後に3名がフォロ-しはするが、一打打っては順次逃げてた(笑)。

 こんな使い方、いりませんっ!

 この傷は、後々重要なポイントとなるはず。
 
 それにつけても、一頁書の最近の扱いは、厳しい。
 主役なだけに、絶対死にはしないだろうけど、その分労働条件も強烈に厳しい。ほんと、霹靂の主役を張り続けるのも、大変ご苦労なことです。と、ここんところの一頁書を見て、再び主役の大変さをしみじみ実感したのでありました。

 で、次は誰が棄天帝に挑戦するんでしょうねぇ・・・・・・・
 新しい主役、登場となるのでしょうか・・・・・って、そういや清風坊ちゃん、どうなってんだ?
 誰か彼のフォロ-をしているのか?


■ 孽角追い詰められる

 妖溺天の罠が孽角に忍び寄る・・・・・・で、史波浪が罠にかかりました。
 毒を盛られたのです。
 孽角が自暴自棄になり暴走していた時、孽角に仲間を殺され怨みに思っている(また後に、佛公子にいつまでも怨み続ける姿勢がダメと言われて破門され二重に怨んでいる)坊主が妖溺天の誘いにのって、毒を盛った飯を、自分の好意だと偽って史波浪に食べさせるのです。
 その毒は滅境の未来主宰しか解毒できないもの。史波浪を助けるには、戻りたくない滅境のかつての上司である未来主宰に頭を下げることになる。
 もう、色々と切ない人です。
 ありえねぇ。
 いい加減、見逃してやってくれませんか、彼らを。


■ 素還眞、その後

 素還眞の犠牲がいかほど深遠な策略であるか、という話を菩薩さんがするので、素還眞ファンは、要チェック。
で、まぁ、気になるところは、魔界の池に咲いた黒い蓮の花ですわな。
あれを、某組織が「我ら一族を救う太陽の子」と称して、勝手に持って行ってたけど。
すっかり、他人が自由に行き来できるくらい無防備状態になった魔界って、どうよ(笑)?
 そんなわけで、たぶん、素還眞の復活は、当分ありえないと、見た(笑)。


■ 泰逢、人界復活する予定

 いや~~~長い長い。どこまで私を待たせるのだ(笑)。
 刺激がなくっちゃ、退屈~~~なタイプの泰逢は、識界も将来の見通しがついたこったしで、刺激を求めて人界に行く気だ。
妹も一緒に行く様子。妹は、ぶっちゃけどうでもいいから、早く人界に復活してくれることを希望。


というわけで、他にも大切なことが色々あるけど、私の限界がここまでなので、終了。
 正亦邪というキャラが新たに注目です。
 顔はアレですが、性格はとても渋いし、生真面目で脆さがあるような感じです。
 本当は自分のせいじゃないのに、全部を自分で抱え込もうという無茶っぷり。
 これ、後々破綻がきて、我が身を滅ぼすというパタ-ンにならなきゃいいのですが。
 ホント、このキャラには、大いに期待したいところです。
 あぁ、顔の色が半分緑じゃなけりゃ、いいのに・・・・・惜しい・・・


コメント

  1. 楽夜 | URL | f4RRH762

    いやいや三先天、あそこにあ~して戦況を見物していたのはそれなりに訳があるです
    かれらもそうそう楽はさせてもらえませんよ(笑)
    それよりせっかく出てきたのに、
    いまひとつその力が活かされてなかった風之痕が悲しいです(´;ω;`)

  2. しゃ-ねい | URL | PGGIaqVU

    19集エンディングでそんな気配をみせてましたよ、三先天(笑)。
    どうなるんでしょうかね。
    ボケ突っ込みの漫才も面白くていいのですが、それ以外のところでもちょっとがんばって欲しいところです。
    期待を裏切らないで欲しい。


    風之痕は、一頁書よりは見せ場が少なかったですが、まだイイじゃないですか(笑)。
    重症でストッパ-かかってるし、いちお見せ場もあったし。
    伯藏主なんて・・なんて・・なんて・・エグエグエグ・・
    再登場の出だしから、死亡フラッグが立ちまくりって、それもどうかと思ったわ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。