お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと転がり始めた by伏龍先生、佛公子、悪海鮫姐(【神州Ⅲ之天罪】第35~36集)

2009年07月02日 07:30

 再び不二刀の話。
 木偶バックから彼を出すと、顎のところにシミのようなものが・・・・・
 まさか、どこかにぶつけて表面が浮いているのでは・・・・?
 だが、顔を何かにぶつけた覚えはない。
 倒した覚えなど、もっとない!
 なんで、こんなものが-っ!
 とかなり焦った。手で拭っても取れないしぃ。
 家に帰ってプラスティック消しゴムで軽くゴシゴシしたら、取れた。
 汚れかぁ・・・・・・・兎に角、取れてよかった。
 これまた汚した覚えもないんだよなぁ・・・・・・
 油断大敵!
 


■ ちっともへこたれない女王様  by悪海鮫姐

01pili-tiancui36-03.jpg

・ 左側のおねぇさんが悪海鮫姐。
・ いいなぁ、こういうキャラ。久しぶりに悪食に走る俺だが、いいよ。
・ ちなみに上の画像は、鳳凰鳴が自分に会いにきてくれて嬉しがっている女王様。
・ 鳳凰鳴は、本当は彼女の恋心なんて、どうでもよく~。
・ できることなら、ここに来たくもないのだが、
・ 盲佛の居場所を知りたいので、女王様の力を借りにきたというわけ。
・ 女王様としては、鳳凰鳴が花を持ってきてくれない上に、
・ 自分自身に用があったわけではないことに不満ではあるが、
・ 「次回は、あなたに会いに訪れますよ」
・ という鳳凰鳴のリップサ-ビスに舞い上がって承諾する。
・ 女王様、すっかり鳳凰鳴に使われているが、そこがこれまた可愛い。
・ 意外だがな(笑)


■ 神柱修復策戦 by伏龍先生、鳳凰鳴、臥佛

・ 破壊された3本の神柱を修復してこそ、神宮の4本目の神柱が安定させることができると。
・ あと2本あるんだよねぇ・・・・・
・ 火、水、風、土の元素を用意して、修復に使うと。
・ 地と風の元素は龍宿が探し中。
・ で、2本目の神柱修復策戦を実行する為に北越北海にやってきた伏龍先生、鳳凰鳴、臥佛。
・ 前回は臥佛が修復を担当したが、今回は鳳凰鳴が担当。
・ やっぱ修復に使うエネルギ-って半端ないので、2度連続するのは辛いらしい。
・ 鳳凰鳴は冰母を手にすると、海底へと入っていった。
・ すると!やはり登場してきた邪霊集団。
・ 今回は未来之宰まで、乗り出してきた。
・ ホント、いつもいつも奇襲が好きだな、ここはっ!


■ 萬古皇陵を開く by佛公子、絶無期

・ 天雷杵は、大紅袍から遊子安という青年の手に渡ったのだが、野心に満ちた無乗載道二人組に奪われた。
・ 愛染さんは、無乗載道二人組に交渉する。
・ 絶無期には天雷杵が必要なものだから、返してくれたら萬古皇陵を開く手助けをするように絶無期を説得するからと。
・ 絶無期は最初協力を嫌がっていたが、愛染さんに生き延びなくてはと言われ承諾する。
・ 萬古皇陵の前で、絶無期は大雷杵を持ち上げ、雷を扉に流すと、萬古皇陵の扉は開いた。
・ 扉が開き、色めき立つ周囲。
・ が、上空より突如現れ、群集を制止する佛公子。
・ 「羅喉戒璽」は禍をなすよくないもの。これを奪い合ってどうするのか、と。
・ しかし周囲は全く納得しない。
・ ので、佛公子、一戦交えてでも阻止する決意をしました。

01pili-tiancui36-06.jpg


 さて、佛公子は「羅喉戒璽」を世間にでるのを阻止できるのか。
 伏龍先生らは、未来之宰の横槍をかわして2本目の神柱を修復することができるのか。
 次集、佛公子、伏龍先生の活躍に期待!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。