お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去 by泰逢、白小茶、伏龍先生(【神州Ⅲ之天罪】第37~38集)

2009年07月07日 02:13

 長かった神州シリ-ズ。
 最終【天罪】も残すところ10集となり先が見えてきただけに、次作の【天啓】に気持ちが移りかかっているが、その【天啓】が意外と長引きそうな気配だな(笑)。
30集くらいで終わるかと思ってたけど、この調子だと40集越えそうな?
【天啓】の次のシリ-ズの宣伝が始まらんしなぁ・・・・・・・
 聞くところによると、既に素還眞が復活したって話だから、これから素還眞が話を大車輪でまくるんだろうか。
ちゅ-ことで、【霹靂天啓予告編】。



 引き続き、霹靂、気合入ってます。

■ 今回の泰逢

・ 最近、姿が見えなかったが、素還眞の心臓を捜しに妹と出かけた、ということになっていた。
・ 「兄さまは、美味しい物を食べるか遊ぶかで、ちっとも探さないじゃないですか」
・ と妹は、兄の行動に立腹していたら・・・・・・ 突然、襲撃を受ける。
・ 弱葉に麒麟玉を届けた人の部下たちにですね。
・ 泰逢にボコボコにされ遊子安がでばってきたのだが、彼でも我が泰逢に叶うわけないわ。
・ そんなわけで、話をよくよく聞いてみると、人違いだったということが発覚!
・ お詫びに食事でもいかが、ということで酒盛りになったと。
 
01pili-tiancui38-5.jpg

・ で、泰逢がなにをしているかというと、妹と遊子安をくっつけようと企み、
・ 遊子安をたきつけている最中。
・ しかし、遊子安は、そっけないのであった。
・ 実はこの組織、地下の穴倉から、突如木棺が現れ、
・ 一体どうしたんだと言いながらも放置しちゃっているのだが、
・ これ!萬古皇陵がらみじゃないの!?
・ と突っ込んでいる俺。


■ 弱葉、治療完了 

・ お金のない白小茶。お医者様に払う治療費、ない。
・ てくてくと歩いてどこに頼みに行くかと思えば・・・・・・ 天狼星のところ。
・ 「お金、持ってない?」
・ 「崖下に行けば、あるが・・・」
・ つまり彼がホワイト蓮2に近寄る輩を問答無用で殺したが、彼らの遺体から金品拾ってくりゃ、お金はあると。
・ なるほど!そうきたか。

01pili-tiancui38-2.jpg

・ 結局、白小茶は、天狼星からお金を算段するのは、諦めた。
・ この時の二人の会話は、天狼星ファンにはポイントではなかろうか。
・ ほんの僅かだが、心を奪われる前の彼の事が自身の口から語られる。
・ 殺戮ばっかの生活で、食うか食われるかで戦いの毎日。
・ 弱い者が死ぬ世界。
・ 今は心がないから、殺戮する気にもならん。
・ この蓮は死神が最後に俺にくれた物だから云々・・・は、違ったかな?まぁ、いい。
・ 個人的には彼のキャラはいまひとつ好みではないが、彼の話し方は好き。
・ 「ん」とか、返事する口調が、意外にちょっと可愛い。

01pili-tiancui38-6.jpg

・ しかし拾う神あり、なもので、ドクタ-ヤンセンが治療するよ、と。
・ その代わり、治療後に麒麟玉を下さいな、と。
・ ドクタ-ヤンセンは日盲族と取引する気だ。部下3名が囚われてるしね。
・ この時のドクタ-ヤンセンの様子が、とてもイイ!
・ ほのぼのとしてて、暖かくってね。
・ ドクタ-ヤンセンは、麒麟玉を手に入れました。

ところがっ! 
01pili-tiancui38-7.jpg

・ 白小茶がヘンなところに入り込んでるっ!
・ これって、アノ人の企みだよなっ!
・ ひぃぃぃぃ~っ!白小茶、天狼星に巻き込まれてるよ、くるくるとぉ~~~っ!
・ 嫌な予感というか、胸騒ぎが・・・・・・
・ 白小茶がクリアすればイイんだよな。それは問題ないように思うが・・・・・
・ 天狼星とアイツの絡みが、不安要素です。 


■ 誰が理事長に?!  by学海無崖

・ 伏龍先生ファンの方、この二人の会話は、ポイントだと思います。
・ 右側の人は、数執令(本名、饒悲風)で選挙には礼執令に票を入れることにしている。
・ 実は饒悲風は伏龍先生と同級生で、佛公子と礼執令との関係と似ていると思う。
・ 伏龍先生が佛公子、数執令が礼執令という感じで。
・ 数年前、数執令を新たに選ぶことになった時、実は伏龍先生が予定されていた。
・ ところが、楽さんのことで伏龍先生は学海無崖から一時離れ、数執令の席も放棄した。
・ そして師匠が死に、数執令の後釜が決まらない為、内部でもめにもめた。
・ そこで礼執令の協力を得て、二番目の彼がすんなり数執令の座に収まって今日に至る、と。
・ 昔から数執令も楽さんが好きで、伏龍先生に対して羨望と嫉妬を思っていた。
・ あら、ホントそっくりね(笑)。
・ で、饒悲風は、まぁ、数執令のことはいいとしても、楽さんのことを悲しませるようなまねは許さんと。
・ 今までに二人(伏龍先生と楽さん)が、寄りを戻す機会もあったのに、二人してそれをしなかった。
・ 過去も今も同じじゃないか。
・ だったら、もう、中途半端にしゃしゃりでてくるな、この野郎、って感じ(笑)?
・ 私、数執令は悪い人じゃないと思うな。
・ いや、逆にいい人って気がする。そうさなぁ・・・・・・曲雲みたいな感じかなぁ。
・ 表面は淡白だけど、内面熱いというか。
・ ちなみに楽さんは、待ちくたびれた感じです。

01pili-tiancui38-3.jpg

というわけで、射、礼そして伏龍先生の3名から選ばれることになるのだが、次週続く・・・だった・・
がくっ。
 
01pili-tiancui38-4.jpg

・ ちなみに、私が把握しているところでは、
  礼執令に投票する人:数、御
  伏龍先生  〃    :書、射
  射執令    〃    :楽(?)、礼(?)

って、アレ?横並び?
楽さんが伏龍先生に投票すれば、伏龍先生に決定だがな。


というわけで、理事長選の結果、誰が理事長の座に納まるのか!?
白小茶は、無事ですむのか?!

って、我が剣子は一体いつになったら開放されるのか?!
 とっとと3本目に取り掛かれ~~~~~
 次回、盛りだくさん!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。