お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本性 by佛公子、東方羿(【神州Ⅲ之天罪】第43~44集)

2009年07月18日 07:30

 今回、個人的にはあんまり盛り上がらないものだったのだが、
実はさらっと布石が張られているように思う。
思うのだが、脳が機動してないので、つ-るつるつると見逃している状態。
あぁ~~と思いながら、深追いしてないわけ。
まぁ、そのうち、キャラの誰かが説明するだろうな、と。

 盛り上がったところはといえば、佛公子の神々しいお顔ですか。
 これ見れただけで、もう充分満足してしまった。
 美形キャラの造型溢れる霹靂世界ですが、これだけ気品溢れる顔があっただろうか!?
 久しぶりに品のある顔を見たといいますか。
 これは、凄くイイなぁ~と思いました。
 人間で言うところの内面の美しさが表面にでた感じです。
 思わず佛公子を探しそうになってしまった。 
 こういうタイプは、滅多にでてこないだろうなぁ。

■ 東方羿の本性

・ 東方羿が佛公子を呼び出したので、佛公子は伏龍先生と一緒に学海無崖へでかけた。
・ 東方羿が佛公子に席を進め彼が座ると、突如背後から佛公子を狙う何かが飛んできた。
・ 東方羿が佛公子に面会前に放った3本の矢が、佛公子めがけて飛んできたのだ。

01pili-tiancui44-2.jpg

・ 1本目の上に2本目が重なり、なんとか耐えていた佛公子。
・ しかし3本目が加わった時、耐え切れず胸を傷つけた。
・ 傷を受けてふらついている佛公子の背後から東方羿が一打を浴びせる。
・ 東方羿は佛公子を殺害しようとして彼を呼んだのだ。
・ 殺す理由としては、滅境の大紅包と懇意にしているためとか。
・ だが、それは口実に過ぎない。
・ 佛公子は天命があるので、ここで死ぬわけにはいかない。
・ しかし、佛公子は直前に未来之宰と戦ったりしているので弱っている。
・ 佛公子、ピンチ!
・ だが、佛公子の背後から太史候が佛公子を助太刀する。
・ 太史候は、こうなることを察してやってきたのだ。
・ これで東方羿と対等になった。一発触発・・・と言う時、
・ 空から誰かがやってきた。

01pili-tiancui44-3.jpg

・ 学海無崖のトップ、太学主である。
・ この件については、太学主が自ら調査し処理を行うとのこと。
・ 六部の者に個人面談をするから、後日連絡する、と言って、解散させた。
・ 太史候も面談のメンバ-に入っている。


 東方羿は学海無崖の内部の人員整理を行ったりしてたわけですよ。つまり、自分にとって不都合な人間は排除し、組織内での足場固めをやってたわけだ。数執令こと饒悲風を呼び出し、饒悲風が太史候と懇意にしていた立場を突いて、暗に脅しをかけて自分に協力するようにしむけたりしていた。
 饒悲風は、ここで出世を妨げられたくないし、楽さんのことが好きだから、せっかくうまくいきそうなところをご破算にもしたくないと思ったのだと思う。太史候のところへ行こうとした礼部所属の学生を、こっそり殺害したわけだ。
 楽さんは、まだ義父の本性を知らないままだと推測される。
 御執令と書執令は、二人して閻王鎖閉じ込め策戦をやってみたが、閻王鎖はつるっと逃げてしまった。この世の者なら逃げられるはずのない陣法で逃げられてしまった。つまり閻王鎖は、この世の者ではないということになるが、そんなことあり得るのだろうか、と疑問に思う二人。

しかし、あり得るのです!霹靂世界だからっ!
大体、ドクタ-ヤンセンのカメラ自体、あり得ねぇだろっ。

 そんなわけで、波乱含みの学海無崖。トップ登場で、どうまとめようというのか。
 太学主、結構腹黒そうだから、この組織は崩壊するんじゃないか、と思ったりするのだった。


■ 天命の日  by 佛公子

・ いよいよ衆天の精神体が回帰する日が近づいてきた。
・ この時、佛公子は非常に無防備な状態になるので、彼の命を狙う輩から守るため、
・ 鳳凰鳴、臥佛、伏龍、大紅包、一生懸命、葉少釵の6名で佛公子を囲み六角連星で守ることに。
・ つまり、前方を鳳凰鳴、左右に伏龍、葉少釵、一生懸命、大紅包、後方に臥佛の配置。
・ 大紅包は、臥佛が未来之宰とぐるになっているのではと怪しんでいるので、
・ 佛公子の背後を臥佛に守らせるのは得策ではないと考えた。
・ そこで、左右の守りが弱いので鳳凰鳴と共に前について守りを固め、
・ 左右に二人、後方に二人で守りを固めたらどうだろうと提案し、
・ 皆はこれを素直に受け入れた。
・ 元神帰位をするらしいのだが、そこら辺の事情は、現在全くわらからない俺である。
・ 時が満ち、天から光があたりを照らすと、佛公子の体には聖気が満ちていった。
・ 儀式(?)は始まったのだった。

01pili-tiancui44-6.jpg
 
 いや!佛公子の神々しく気品のある顔!
 ↑の写真では解りにくいが。
 これを見れただけで、うっかり充分満足してしまった私なのだが、衆天がどうからんでくるのかというところが気になる。天命って言ってたことが、どういうことなのかも、解らないし。
このまま佛公子が消えちゃったら、悲しいなぁ。
 
ということで、無事に衆天の元神帰位は終了するのだろうか!?
次回、期待!


コメント

  1. コドモ | URL | LkZag.iM

    >>佛公子の背後から太史候が佛公子を助太刀する。

    太史候めっちゃカッコいい!!
    惚れちゃったー!wwww

  2. しゃ-ねい | URL | PGGIaqVU

    それはそれは。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。