お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ by死神の遺産、学海無崖(【神州Ⅲ之天罪】第47~48集)

2009年07月30日 19:30

 神州Ⅲ、終了した。
 おもいっきり次の天啓にひっぱられているな、と。
 やはり神州Ⅲ内で解決しなかった剣子の状況・・・・・・・・・・
 なんだか、もう永遠に解決しないような気がしてきたが、それは世間が許さんだろう。
 とおもうのは、私だけか?

 儒教系組織学海無崖に属するキャラが、儒教系特有の口調で話さないことに気付いた。
 なぜ今頃気付いたのか。とろくさいな。
 元々儒教系の話し方というのは、好きではないのよ。
 あの鼻音。
 いかにも傲慢な感じで。
 いや、単に儒教系と私の相性が悪いから、そうおもっちゃうのだろうケド。
■ 3つのお宝の行方

● 希望の角笛

・ 問剣孤鳴→族 →
・ 一族の下っ端が強引に角笛吹いて死神と交渉し、成り行きで一族殺して持ち逃げ。

● 羅喉戒璽(今後は、羅喉の指輪と書く)

・ 現在、道教系組織がゲットし、その組織の女ボスが玉陽君に渡した。
・ 玉陽君は、これを長心に嵌めさせ、彼女を武林の党首に納めて傀儡政権を樹立させる気だ、と私は勝手に思っている。

● 「不可攀之花」

・ 天狼星が泰逢が居候しているところから、かっぱらって持っている。



■ 人間関係

・ 正道一派: 鳳凰鳴、伏龍先生、臥佛、大紅袍&悪海鮫姐

・ 邪霊一派: 未来之宰&その部下
          学海無崖の東方羿は、未来之宰とつるんでいた。
  ※ 未来之宰は、鳳凰鳴をタ-ゲットとして徹底的に狙い、
  治療のために邪境に戻る途中の彼を襲う。
  鳳凰鳴、流石にヤバイ状況らしく、なんとか助けられたものの
  今後はどうも化身が活躍するようだ。

・ 学海無崖: 

 1. 東方羿一派: 数(饒悲風)、礼(新たに担当している人)
    ※ 太学主に全権を任された東方羿は、学海無崖の今後の行動について
     強行案を提示。

 2. いちおトップとなった東方羿の顔を立てて協力しているが、
    本心は必ずしも彼にあるとは限らない人達:御、楽

 3. 学海無崖を離脱した人:書(ドクタ-・ヤンセン)
    ※ ドクタ-・ヤンセンは、東方羿の今後のやり口に同意できない為、
     協力を拒んで離脱した。 
     そして太学主の命に従い、本来の目的を達するために行動することに。
     とはいえ、彼は一生懸命らのように、太学主の真の目的を知っている
     かといえば、疑問である。    

 4. 太学主一派: 一生懸命、刑道者が僕となり動いている
    ※ 衆天の遺産を狙い、且つ死神にタ-ゲットを置いている。

 
 刑道者、個人的に強力プッシュで応援しているのだが、よもや彼が太学主の僕とは思わなかった・・・・・
うわ~~~~彼の性格の良さ + 上司最悪~~~
この時点で、既に死亡フラッグが立っている気がする~~~~
    

・ 日盲族: とうとう聖女が帰還され・・・・いよいよブラック素還眞ことアノ人が登場となる・・・っぽい。

・ 無絶期は、背後に背負ってた神覚残生を殺すことができて、囚われの身から自由となった。
  つまり・・・・・無絶期は刑道者と協力して天狼星らを殺そう云々と企んでいて、彼を氷付けにしていた。で、彼を解凍して殺そうと思っていたのだが、氷が解けた瞬間天狼星がさっとすばやく逃げるのだが、ついでに一太刀食らわしたのが偶然神覚残生にヒットした、と。
 引退する予定らしいが、あまりにあっけない終焉で、ちょっと燃えどころが不完全燃焼。
 もうちょっと色々あって欲しかったところ。
 いや、今後もからんでくるのか。からんできて欲しいような欲しくないような・・・・

 
 我が泰逢は、少々のらりくらりしているが・・・・・・・・一体いつになったら活躍するのか?!
 もう、活躍なんてしないような気がしてきたこの頃。
 いや、いや、中国の伝統にのっとれば、主役ほど後から・・・・・って!もう登場して長いから、違うかっ!?
 ど-か根腐れのような終わり方だけはナシ、でひとつ霹靂の神様、お願い致します。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。