お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

返り討ち by伏龍先生、金好牙、剣子(【霹靂天啓】第13~14集)

2009年09月10日 19:30

 噂の新シリ-ズ【刀龍傳説】オ-プニング。
 相変わらず新作は、殆ど知らないツラばかりだ。



 それにしても、登場している木偶の殆どが切れ目のSD系の顔だよなぁ~。
 【風起雲湧Ⅱ】の時に木偶が変わっていくなぁと始めて思い、
 その後幾度も代わっていくが、今の変わり具合に比べたら可愛く感じる。
 あの時は随分革新的だと思ったものだが。

■ 祝剣子完全復活  by剣子、佛剣

・ 前々回、体を取り戻したけれども、魂が抜けてるので、
・ それを手に入れる算段をしていた龍宿だが、うまくいかない。
・ ので、太学主生に相談しに行き、アドバイスを受け、そのとおり試してみた。
・ 黄泉引者その1(魂を集めている女の子の方)を探し、再び彼女に魂を捕まえてくることを依頼したのだ。
・ 彼女は「太学主」の単語を聞くと、以前とはうって変わり、すんなり引き受ける。
・ 彼女は神宮のある場所へ一人行くと、手に持っていた木箱(とはいわんと思うが、単語が思いだせないのでとりあえず)を開き、剣子と佛剣の魂を引き入れる。


霹靂天啓-13.rmvb_002699766


・ そして龍宿の元へくると、剣子と佛剣に向かって木箱を開け、二人に魂を戻した。
・ というわけで、二人は魂が戻って完全復活となった。

霹靂天啓-13.rmvb_002786987

 気付いたとたん、「神宮はどうなったのだ」と案じる佛剣ってば、やはり偉い人だ。他の3本のうち2本は既に修復済だから、と説明する龍宿の話に安心した様子。
 これで、また彼らが江湖の諍いに参戦することになるんだろうが、今度はどんなことになるやらやら~。



■ 返り討ち  by 金好牙、伏龍先生、蒼

・ 六鉢衣の天啓で、金好牙が危ないことを知った伏龍先生は、慌てて彼を探すが、
・ 未来之宰に邪魔されたりで間に合わず、
・ 黄泉引者その2(遺体を回収しているキョンシ-の方)が金好牙の遺体を回収している場面に出くわす。
・ 伏龍は、黄泉引者その2の後を追うとおどろおどろしい暗い場所にたどり着いた。
・ 岩には髑髏が刻まれていて、黄泉引者はその中に入っていった。
・ 伏龍もちょっと躊躇うが、黄泉引者その2の後を追って中に入る。
・ と、岩を削って作られた柱のようなものに、小さな長方形の穴が開いており、その中に木棺が安置されていることに気付いた。

霹靂天啓-14.rmvb_001206139

・ 植物を発育させる術を用いて金好牙の棺桶を探し出し、早速棺桶を開けてみる。
・ 金好牙の遺体が安置されていた。
・ 伏龍先生は、早速痛いから手折れない花を取り出すが、死んだはずの金好牙が伏龍先生に襲いかかる。
・ 伏龍先生は、やんわり反撃を繰り返しているうちに、金好牙の援護が入る。
・ 棺桶が安置されている柱の両脇にある獣の岩が、伏龍先生に攻撃してきたのだ。
・ そして、伏龍先生に毒の息を吹きつけたので、伏龍先生はたちまちへたってしまった。
・ ふらふらで動けない伏龍先生。
・ そこに現れたのは、蒼だった。
・ って、あんた、前回骨が見えるくらいの激しい傷を受けてたじゃん!
・ それって、いつの間に治したの?!素還眞がなにかしたのかな-。
・ まぁ、いいや。そのうち説明があるかも。
・ 蒼は伏龍先生を抱えると、すばやくその場から逃げた。
・ 根城に戻り伏龍先生に治療を施すが、治療が全く効かない。
・ そこで蒼は、再び髑髏岩のあるところへ行き、伏龍の毒消しと手折れない花を渡すように髑髏に交渉する。


霹靂天啓-14.rmvb_001968836

・ 髑髏のいうことにゃ・・・・・
・ 伏龍か手折れない花か、どちらか一つを選べ。
・ あぁ、そうそう。第三の選択肢として、両方諦めるというのも、あるな。
・ 願いを聞き届けるにあたって、俺の言うことを一つやり遂げてくれればいい。
・ これを聞いた蒼は、絶句。
・ どちらか一つを選ばなくてはならないのかと悩む。
・ えぇ~って、あなたの性格ならばサ。手折れない花を選ぶんじゃないの?
・ あぁ、どちらも個人の人命レベルだから、選べない・・・・とか?
・ とりあえず一日猶予をもらって現在思案中。
・ 一方、伏龍先生は、我が身より手折れない花を選べと。
・ 伏龍先生の体内にある毒はじわじわと内臓や肉を腐らせていく。
・ 3日後には、死ぬ。自分には、まだ3日猶予があるからと。
・ しかし、それもまた博打ですわな。
・ 相談している最中に、伏龍先生は苦しみのあまり気絶。

霹靂天啓-14.rmvb_003330931

 伏龍先生、ここにきて、かなりピ-ンチな状態に陥っている。
 こういう風に、傷の状況が重症になるにつれ、霹靂ル-ルでは死に近づくお知らせのようなもんだが、まだまだ彼はがんばってくれると俺は思いたいのであった。
 なぜ、あの船から蒼は脱出できたのか?
 で、結局、蒼はどちらを選ぶのか?
 伏龍先生はどうやって毒を消すことができるのか?
 黄泉引者は一体何者ンなのか?!
 俺としては死神関係者だと思っているのだが、黄泉引者その1は太学主の僕に追い回されているからなぁ・・・・・

というあたりが、次集わかるといいなぁ・・・・・・・・・・
というところで、続く・・・・・・・


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。