お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿苑&魑離船 VS 死神(太学主) (【霹靂天啓】第31~32集)

2009年11月12日 07:30

 表紙の写真を変えました。
 久しぶりに襲滅。
 いや~~~~ホント、久しぶり。
 もう、数ヶ月くらい経つんじゃないかな---。
 紅葉、やはりまだま~だだった---。
 来週くらいからぼちぼちでしょうか。
 月末がピ-クになるのかな---。
 紅葉するときゃ、あっという間に、ってのがあるから、
 自然はホント予測が難しい。


■ 鹿苑&魑離船 VS 死神(太学主)

・ え~~~っと、魑離船の大首が復活しました。

●Bfore(以前、希望の角笛を浄化した場所にいた人です)
霹靂天啓-31.rmvb_003307207

●After
霹靂天啓-32.rmvb_000021288

 え~~~~~っ!こんなキャラ、ありか~~~!?
 って、ありだわな。宇宙人も吸血鬼もでたんだし。
 いや~~~海賊か~~~~。
 思わずピ-タ-パンのクック船長、思い出したよ(笑)。


 さて、鹿苑と魑離船が死神(太学主)に戦いをしかけたのには、当然訳がある。
 実は、魑離船の乗船者である黄泉引者たちは、死神のゲ-ムによって人生を翻弄された人達だったのである。死してなお、輪廻の輪に立ち返ることができず、魑離船に乗り続け死してなお彷徨い続けているのだ。こんな人生、もう、嫌。だが、彼らには一つだけ、救いの道が残されている。
 それは光明浄地へ行くこと。
 佛頂冥塔は光明浄地へ行く道を示す。
 佛頂冥塔を手に入れる=死神の束縛から逃れることができるのだ。
 だが、佛頂冥塔は長年所在不明となっていた。
 その佛頂冥塔が今回見つかった。
 そこで央森は副首に協力を依頼した際に、副首は交換条件で佛頂冥塔を持ってくることを要求した。そのため央森は鹿苑から借り受け、魑離船に渡したのである。
 夜行舟は佛頂冥塔を船首に掲げ、意気揚々と念願の場所へと向かっている途中、死神が現れ阻止した。
 その際に、自分の側に投降するならば、もう一度光明浄地へ行くチャンスを与えてやるぞ、と死神(太学主)は告げるわけで、それに準じたのが夜行舟らだったのである。
 黄泉引者にしてみれば、こんなばかげた話はない、と即座に拒否したいところである。
 もう、十二分に死神に人生を翻弄され、苦渋を嫌と言うほど味わったのだ。
 彼の取引ほど、当てにならないものはない、ということも身に沁みて解っている。
 だが、彼の強さもまた十二分に理解している。 
 これが最後、一ヶ月のみという期間限定で、夜行舟らは応じたのである。
 そして、死神は佛頂冥塔をかっさらって行った。
 現在の持ち主である鹿苑としては、死神が佛頂冥塔=江湖に禍を招く、ということでそれを許すことはできない。
 よって、両者は死神(太学主)のところへ佛頂冥塔を奪い返すために、戦いを挑んだわけだ。

以上、第30集までの前振り終了。


 で、それらに対して学海無崖は、死神(太学主)一人が戦いに挑む。

霹靂天啓-32.rmvb_000069937


・ まぁ、なんつ-のか・・・・・・・
・ 鹿苑と魑離船・・・・・全然話にならないのだ、これがまた。
・ 邪気に満ちた禍々しい死神(太学主)の剣だか刀だかの前には対抗する術なし!
・ 一太刀で死神(太学主)の周囲には、累々と屍が散らばった。
・ 闇影魑首は一人魑離船に乗り込み、船ごと死神に体当たりをするが、
・ 死神に軽くあしらわれてしまう。
・ これで魑離船は大破。
・ そんな状態なので、鹿苑と魑離船は、それぞれ戦場離脱。
・ 古燈さんは、鹿苑に帰るとすぐに死亡。
・ 魑離船の大首は素還眞に救い出されていた。
・ 彼は死にはしなかったが、それなりにダメ-ジを受けた模様。
・ 素還眞は大首に相談をもちかけたわけだ。
・ だが、大首は簡単に素還眞を信じない。
・ というのも、伏龍に毒を仕込んだことがあるので、その友人である素還眞は自分を怨みに思っていると考えているから。
・ しかし、素還眞は言う。
・ 「私は、そんな度量の狭い人間ではない。」
・ まぁ、素還眞は清濁飲める人ですから。
・ それでも大首は話を聞こうとしない。
・ 大首は、いっそ策がなければ死国の門を開け、魑族を全員江湖に招きいれて死神をやっつけちゃおうという大胆なことを考えているのだ。
・ そうすれば、いくら死神でも適うまい、と。
・ いや、そんなことされちゃ-困るよ、ってんで、素還眞はこの案を却下したい。
・ とか言いながら、死国の門はどうやって開けるのか、聞いている。
・ そして聞くだけ聞くと、大首の元を離れた。
・ 天狼星と閻王鎖が死神の武功を用いて門を開く、
・ または空間の裂け目を開くことにより可能なわけだが・・・・・
・ 俺は素還眞、このどちらかの方法を使うとみた!

霹靂天啓-32.rmvb_000089423

・ というわけで、鹿苑、そろそろ本命がでてくるかも?!、な感じです。
・ 噂によると、マリ-・アントワ-ネットのような頭をしとるらしいな(笑)。
・ 蓮華以降、髪の毛あって当然、
・ ってな感じで剃髪&螺髪じゃない佛教キャラが登場してくるような気がするのだが、どんなキャラなのかな-----。




■ 指輪の呪縛から開放  by 不見荷


・ というわけで、正気にもどった不見荷。
・ すぐさま色々な記憶が蘇り、妹長心に問い詰めるべく向かおうと思ったが・・・・諦める。
・ 今の自分では、彼女を説得することも、いや、彼女と話すことすら不可能だ。
・ とりあえず、九州一剣知の元で、彼の剣術を学ぶんだろ-な-。
・ そして、強くなってから決戦?

 霹靂天啓-32.rmvb_002925259



■ 羅喉の指輪、月の精気を吸っている

・ いや~~~この指輪、天狼星が死神の神力を吸い取って無効状態にし、
・ 湖に捨てたんだけど、まだしぶとく活動してますよ?
・ この指輪から、一体何がでてくるんだろ-か?
・ 美形?美形なのか?
・ でもな-・・・・・・太学主系の顔は、遠慮願いたいな~~~~~

霹靂天啓-32.rmvb_000958325


ってなわけで、実は他にも色々あるのだが、俺の内功が限界です!
というわけで、次集!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。