お気に入りの曲

                                              ■□■ 【妖世滅佛(佛業雙身武戯)】 ■□■

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらっと動向 by女帝様、素還眞、千葉傳奇(【天啓】第41~42集)

2010年01月11日 07:30

 さて、そろそろ気になり始める次作【刀龍伝説】。
 とりあえず毎度のパタ-ンでオ-プニングを見てみた。



 うっは----・・美形率、たかっ!
 殆ど、顔見ても誰か解りませんが(笑)。
 最近のSDド-ル系の顔って、あんまり好きじゃないんですよね。
 とはいえ、六鉢衣の顔は好きですが、アノ人、現在までぱっとしないしねぇ(笑)。
 性格がいまひとつ私の琴線にふれてこないっつ-んですか。
 ニュ-キャラで一番顔が好みなのは、佛皇。
 でも、目を閉じた状態しか見てないんっすよね。
 まぁ、たぶん、あんな感じ(どんな感じやねん)の瞳をしてらっしゃるんじゃないか、と勝手に想像してますが。
 




■ 女帝様の動向


・ 前回(39~40集あたり)で、死神@太学主に同盟を申し出た女帝様。
・ しっか-し、太学主は己を死神だと思っているので、死神から力を得た女帝様が己と同等扱いすることが不満である。
・ 目下のものが、なにゆ-とんねん、っちゅ-ところだろう。
・ そうはいっても協力はしてやる、っつんで、部下を数人貸し出した。
・ 貸し出された閻王鎖と下鄷都に、早速指令を下す。
・ 千葉傳奇の留守を狙って、根城を襲撃。
・ 鷹無眼は閻王鎖に首を切られ、燕啼紅は下鄷都に毒殺される。
・ 日盲族大祭司と他の者は、どこかへ行ったようで姿が見えないのだが、念のためにと毒を吐く下鄷都。

霹靂天啓-41.rmvb_000376109    霹靂天啓-41.rmvb_000374541


・ 次、ど-すんの?ってわけで、考慮した結果、一番楽に勝てそうな不二做を狙う。
・ 彼は怨姫を呼びに行ったのだが、その道中に閻王鎖と下鄷都に狙われたわけだ。
・ 己が死んでも怨姫を死なせるわけにはいかん、ってことで、身を挺して怨姫を逃がす。
・ ほうほうの態で素還眞宅にたどり着いた怨姫は、不二做が危ないことを告げる。
・ これを聞いた葉少釵が助けに行き云々は、前回、ちょっと書いた。
・ 予定とおりに不二做を殺したわけで、女帝様のもとに帰還した二人。
・ 結果報告で、閻王鎖が「葉少釵も毒にあたった」と告げる。
・ 女帝様は怒り、閻王鎖の頬に平手打ちを食らわせようとするが、閻王鎖はひょっとそれを軽く交わす。
・ そうなのだ。女帝様は葉少釵にラブ~なので、葉少釵以外の正道一派が邪魔で始末しろと命令したのだ。
・ まぁ、それをあっさり無視したわけだよ。
・ 言い訳が、「そんなの聞いてなかった」で、これまた白々しい(笑)。
・ 「もう一度言う。葉少釵に手出し無用。」「きこえな--い。」
・ まぁ、閻王鎖はなめてますね、女帝様のことを。
・ そんなこんなで、そこそこ役に立つけど意のままにならない助っ人に、今後どう対応するんだろうか。

霹靂天啓-42.rmvb_001125292

・ 次に東風怒雪に末日驕陽の殺害命令をだし、まぁ、彼は殺そうとするのだが・・・・
・ 彼に末日驕陽を殺せというほうが無理な話なわけで。
・ 彼はあっさり殺された-。
・ 女帝様の身内(彼女に忠誠を誓う部下)が、どんどん減って、もう、誰もいないんじゃないかっつ-感じだ。
・ 加えて不二做の件では、葉少釵をかなり怒らせたぞ、オイ。
・ 彼女もそろそろですかねぇ~。



■ 素還眞、九界佛皇に会いに行く

・ 鹿苑に行き、九界佛皇に会いたいという話をしたらば、破匣求禪曰く
・ 「私の三打を受けれたら逢うことが叶う」
・ そんで三打受けることになったんだけど、霹靂二本柱の一つである素還眞が、ここで三打受けれませんでした、っつ-話になるわけないと。
・ 素還眞って、休場が長ければ長いほど、登場したての頃ってパワ-あるよな(笑)。
・ で、持久力もあるんだよ。
・ いかにもゆっくり休んで身も心もリフレッシュしました、っつ-感じが露骨にあるよな(笑)。
・ で、い-よいよ佛皇様がご登場か!
・ と思ったら、次回に続く・・・・・だった・・・・・・
・ ちょっ・・・・ちょ~~~期待したのに、次?!

霹靂天啓-42.rmvb_003604004


■ 一方、千葉傳奇は月族の本拠地へ行く

・ 月族にいる父が病死して、迎えがきた際に、敵討ちに帰ってくるからな-といったまま、はや30集過ぎ・・
・ いっや~~~一体、いつになったら戻ってくるんだろ-、幽冥(無絶期)。
・ と思っていたが、いよいよ戻ってきそうだ。

 (ところで清風坊ちゃん、まだ火口の中にいるんだろ-か?もう、えぇ加減、誰か出してやってくれ)

霹靂天啓-42.rmvb_000749249


 千葉傳奇と素還眞は共闘関係にあるので、双方で相談して分担することにしたんだと予想。
 見方を増やす段取りをしている、ということは、敵も増えるということか?
 実際、滅境方面が聖地を汚され不穏な感じになってきているし-。
 他にもどこぞの悪の組織(笑)が登場するんかいな-というところ。

 どちらにも所属してませ-ん、というスタンスの漠刀絶塵はというと、久しぶりに故郷に戻ってきたら一族全滅してたって・・・・・赤子まで毒殺されて怒り怒髪天状態。
どんどん哀しい人になっていってマス。
彼は、一族を殺害したのは巫教の奴らかと思い、下鄷都を殺す。
ただ、彼女が死に際に「わ、わたしじゃない!」と言っていたのがひっかかるなぁ、と漠然と思うところアリ。
因縁深い敵でなけりゃ、誰?
私、思うんですけど、天不孤じゃないの、ソレ(笑)。

というわけで、次集、今度こそ佛皇の登場を強力希望!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。